coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

ハリオV60ドリップケトル・ヴォーノの特徴と人気理由

ハリオV60ドリップケトル・ヴォーノは洗練されたデザインと使いやすさの両面を兼ね備えたドリップケトルです。手軽に扱いながらインテリアとしても優秀な一台ですね。

しかも値段もそこまで高くないので人気なんです。この記事では、V60ドリップケトル・ヴォーノの特徴を挙げています。悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

 

 

特徴1 細い注ぎ口

ドリップケトル・ヴォーノの特徴の一つが細い注ぎ口です。

コーヒーを淹れる際に重要なのは「蒸らし」ですよね。蒸らしを上手に行うためには、お湯の淹れ方が肝心です。細い注ぎ口であればお湯を一定に同じ場所に注げるので、より効果的な蒸らしを期待できます。

 

このコーヒーポットは先端の注ぎ口が細く、根元から先端までが象の鼻のように長いという特徴があります。その為、コーヒーを淹れる際により繊細な動きまで表現することができます。

 

 

特徴2 洗練されたデザイン

洗練されたデザインは見る人を虜にし興味を惹きつけます。

ヴォーノはまさにコーヒー好きを虜にするデザインです。

 

シンプルながら波状に揺れるフォルムは見ていて飽きません。それでいて手軽です。値段は5000円以下で買うことができ多少荒く扱っても壊れません。やっぱりどうせコーヒーを淹れるならお洒落な器具を使いたいですよね。

 

 

特徴3 フラットツマミとハンドル

画像を見ればすぐに分かるのですが、つまみがフラットになっているんです。なのでお湯をポットに入れる時はつまみを逆さにして蓋を置くことができます。

 

蓋を外して置いた時にクルクル回ったりしないように設計されているようです。

 

ハンドルも握りやすいように波状に設計されているのでコーヒーを注ぐ際に安定して淹れれるのは良いですよね。どんなにお洒落なコーヒーポットでも注ぎにくかったら意味がありません。

 

この点ヴォーノシリーズはデザイン性と実用性のバランスを計算されて作られているので安心して使用することができます。

 

特徴4 600mlと800ml、IH対応

 

 

ドリップケトル・ヴォーノの容量は600mlと800mlです。一人暮らしなら600mlで十分ですが、家族みんなでコーヒーを淹れたいという方は800mlですね。2種類のラインナップがあるので使い勝手に合わせて選べるのは助かります。

全てのIHに対応しているという特徴もあります。

 

まとめ

ハリオV60ドリップケトル・ヴォーノの人気の理由はデザイン性と実用性のバランスが優れているからです。それはハリオ全体に言えることです。

毎日使うからこそ実用的で尚且つお洒落なものを。ハリオのコーヒーへの熱い思いが込められたドリップケトルと言えるかもしれません。値段もそこまで高くないので、悩んでいるなら考えてみる価値ありだと思います。ぜひ参考にしてみて下さい。それでは。

 

 

こんな記事も書いています。