読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイトマップ

 

ハリオV60珈琲王の全てが分かる!口コミ、クエン酸洗浄の情報

ハリオV60シリーズはハリオを有名にさせた珈琲シリーズの一つ。その中でもV60「珈琲王」はハンドドリップのような味を簡単に楽しめると評判になったコーヒーメーカーです。

この記事ではそんな珈琲王についての特徴や評判などをまとめています。

 

珈琲王とは?

珈琲王とはハリオが手掛けたV60シリーズのコーヒーメーカーです。

「ハンドドリップの味を気軽に楽しめる」をコンセプトに作られています。2015年の秋に発売されて以来、常時人気があります。販売価格は10000円弱が相場です。

一昔前だと「ハンドドリップのほうが美味しい」、というのは当たり前でしたよね。でも今はコーヒーメーカーでも美味しい珈琲が簡単に作れちゃいます。

 

 

安定抽出をモットーに

珈琲王は”安定抽出”をモットーにしています。「時間がない時にボタン一つでいつでも飲める」というのが今までのコーヒーメーカーのコンセプトでした。

しかしハリオは「いつでも飲める」+「安定した味」を追求したんです。その結果、毎日同じ味を楽しむことが出来ます。

では幾つか特徴を挙げていきます。

 

珈琲王の特徴

 

珈琲王は2杯から5杯まで抽出できるように設計されています。一人暮らしよりは家族層に向けて作られたものです。

 

特徴1 新世代蒸らし機能

今までのコーヒーメーカーは勝手にお湯が一気に注がれ、抽出が終わると合図が鳴り終了するというものでした。しかし珈琲王の場合は、蒸らし機能が付いています。

これは一定のお湯が出てから30秒間蒸らすという機能です。この機能でより美味しく珈琲を楽しめるようになります。

 

しかしその一方で抽出スピードが遅くなるというデメリットもあるんです。抽出時間は大体5分前後との事。確かに少し遅いかもしれません。ただその分、味は美味しくなります。

特徴2 高温抽出温度は93度

珈琲を抽出する温度ですが93度に設計されています。より美味しく飲めるように設定された温度です。ぬる過ぎず熱すぎない、絶妙な温度設定です。

特徴3 V60ドリッパー採用

有名なV60ドリッパーを採用しているのもこの珈琲王の特徴の一つです。他のドリッパーに比べより安定した味を楽しめると人気の円錐型ドリッパーですね。

この珈琲メーカーの面白い所は、ドリッパーとサーバーだけでもハンドドリップできること。ハンドドリップで飲みたい時はドリッパーとサーバーだけで使えるので便利です。

 

口コミ、評判、評価

そんな有名なハリオの「珈琲王」ですが気になるのはやっぱり評判です。ここまできて大きな欠点があったら嫌ですからね。早速Amazonや価格.comなどで調べてみました。

概ね評価は高いです。

 

~低評価~

水漏れしたので修理依頼したら有料でした。

抽出音が大きい

~普通~

ドリッパーとサーバーを囲っているデザインなのでサイズが予想以上に大きい。

意外と水蒸気がすごい。

~高評価~

味は美味しいです。ハンドドリップの味を楽しめます。

ボタンが操作しやすい。

普通の珈琲メーカーとデザインが違うので掃除しやすい。

~豆知識、口コミ~

多くの方が「音」に関してレビューしていました。抽出時の音が予想以上に大きいんだとか。といっても騒音のようなレベルではないので、そこまで気にしなくても大丈夫だと思います。

 

大まかな手順

f:id:zakkiblog:20170121212820j:plain

 

コーヒーメーカーを使ったことのある方なら分かると思いますがとても簡単です。

 

1 サーバーに飲む分のお湯を入れる

2 ドリッパーにペーパーと粉をセットし杯数ボタンを押す。

 

たったこれだけです。ボタン一つで簡単に美味しい珈琲が飲めるのは良いですよね。

 

珈琲王のクエン酸洗浄について

珈琲王についての質問で多いのが「クエン酸洗浄」についてです。水漏れしたり味が不味くなってきたら、修理したり買い替える前にクエン酸洗浄してみましょう。

クエン酸洗浄のやり方をまとめておきます。

 

1 市販のクエン酸をおおさじ1杯混ぜたクエン酸水を作ります。

2 水タンクにクエン酸水をセットします。

3 ペーパーはセットせずにそのままスタート。

4 終わったら片付け。

4 5分経ってからキレイな水でこれを繰り返して終了です。

 

難しいと感じるかもしれませんが案外簡単です。クエン酸と水を混ぜて珈琲メーカーに入れてスタートし、普通の水でもう一度洗浄するだけです。

クエン酸は薬局に売っていますしネットでもあります。元々袋分けされているのが楽です。

 

 

違うメーカーのクリーナー(カリタ製)ですが中身は同じです。

 

珈琲王の詳しい情報

最後に珈琲王の詳細をまとめておきます。悩んでいる方は参考までに。

 

サイズ 230×240×327(幅×奥×高)

重さ 2.6㎏

杯数 2~5杯

最大容量 750ml

コードの長さ 1.5m

 

 

この記事でも紹介しています。

厳選!おすすめのコーヒーメーカー5つ(2017春版)