サイトマップ

 

サードウェーブとは?意味と経済にもたらす仕組みを説明

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

今更ですがサードウェーブって知ってます?

なんかコーヒーに関係する用語らしいですがイマイチ分かってませんでした。

 

あれですか?

3回波が来る的な?

 

正解です。(笑)

今回はそんなサードウェーブの意味とそれがもたらす経済の循環に付いて調べてみましたよ!

 

f:id:zakkiblog:20170501040106j:plain

 

サードウェーブとは?

サードウェーブとは「第3の波」という意味があります。

世界中でハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れるスタイルのこと。

つまり、

 

コーヒーを丁寧に淹れようぜ!

それがサードウェーブだぜ~

波に乗ってくぜ~

イエ~イ

 

ってことです。

 

で気になるのが第3ですよね。ということは第1、第2もあったのか?ってことですよ。

実は第1も第2の波もありました。

 

ファーストウェーブ 第1の波

第1の波はファーストウェーブと呼ばれていて19世紀後半から、1960年代までの期間に流行ったコーヒーの飲み方。大量生産・大量消費のコーヒーの時代ですね。

 

つまり

 

コーヒー?なんじゃそれ!

上手いぞ~病みつきになるぞ~

大量消費だ~

イエ~イ!

 

って感じ。この時にコーヒーが世界的に有名になったとされています。

流通が発達して手軽に安価に入手できるようになったので、より人気になっていった時代ですね。これが第1の波。

 

セカンドウェーブ 第2の波

1960年代から2000年程までの期間は第2の波「セカンドウェーブ」と呼ばれています。シアトル系コーヒーチェーンが都市部に広がっていった時代です。この時にはコーヒーはすでに認知されていてよりお洒落に飲むスタイルが流行りました。

 

つまり

 

都会でコーヒー片手に歩く?

カッコいいじゃん!

憧れる~

セカンドウェーブに乗りたいわ~

 

的な感じです。カフェオレやエスプレッソなどのアレンジしたコーヒーも人気になってきた時代ですね。ロゴが付いた紙コップを持って歩く人はカッコいい、という変な流れもあったみたい。(確かにカッコいいけど)

 

サードウェーブ 第3の波

そしていよいよです。2000年ごろから現在までを第3の波と呼んでいます。それがサードウェーブですね。先程も書きましたが「世界中でハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れるスタイル」ですよ。

 

最近だとブルーボトルコーヒーがまさにそれ。最高品質の豆を使い、目の前で一杯ずつ丁寧にドリップする、これこそサードウェーブコーヒーです。

 

サードウェーブに至る経済の流れ

なので流れ的にはこんな感じです。

 

ファーストウェーブでコーヒーを知り、

セカンドウェーブでお洒落をまとい、

サードウェーブで基本に戻る。

 

一時期エスプレッソやカフェラテ、カフェモカなどコーヒーの変化形が人気になった時がありました。エスプレッソを注文すると「大人だね」と言われることも。それは全て第2の波の影響を受けていたんですね。

 

そして今現在。ハンドドリップで淹れる手法が大人気です。コーヒーメーカーのスペックを見るとどのモデルにも蒸らし機能が付いていて「ハンドドリップで入れるような味」と宣伝されてます。

 

これらは全て第3の波、サードウェーブが影響していると思います。

 

第4の波は来るか?

ただここまでくると気になるのが第4の波は来るのか?というとこと。

もしかしてフォーウェーブが来るときも近いんですかね?

フォーウェーブってなんか言いづらい。

 

フォーエバーみたい。(笑)

(forever = 永久に)

 

ただ真面目な話、いつかはフォーエバーが来ることは十分あり得ますよね。第3まであったなら第4もあると考えるのが自然なので。第4の波はどう転がっていくのかが楽しみですね。

 

個人的にはコンビニコーヒーが人気なので「丁寧なハンドドリップ+手軽に飲める」的な流れになるんじゃないかな、と思っています。ハンドドリップで入れたコーヒーがドライブスルーで買える、みたいなこともあるかも。

 

それか高級路線にいくのもありですよね。

第4の波はデロンギのように高級な感じ。

1杯1万円のコーヒーも出回る時代が来るかも。

 

もう誰が買うんじゃ。

 

まだ第4の波は来ていないので勝手な想像ですが。

 

以上サードウェーブに関する意味についての記事でした。

それでは。

 

関連記事

スタバのアメリカンチェリーパイフラペチーノが季節限定で発売されたよ

ローソンのマチカフェ限定ダイヤモンドバリアイスコーヒーが熱い