サイトマップ

 

T-falのコーヒーメーカーの評価や使い方は?スビトって?

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

T-falのコーヒーメーカーは安くてコスパが良いことで知られています。

T-falって聞くと電気ケトルを思い浮かべる人が多いと思います。

ただ実はコーヒーメーカーも3機種出しているんですよ。

 

3機種も出しているのか!

 

今回はそんなT-falのコーヒーメーカー器具の評価や使い方について、またよく聞く「スピド」についてもまとめています。

 

 

T-falのコーヒーメーカーの特徴

まずはこのコーヒーメーカの特徴についてです。

一言でまとめると

 

値段が安い

 

という点ですね。

なんと2500円ほどで買える破格の安さです。

 

5~6杯抽出できます。(タンク容量0.6L)

ポットはガラス製を採用。

保温機能が付いていてフィルターレスを採用しているので経済的です。

 

ドリッパーは5つ穴を採用。

これすごいと思います。

 

メリタは有名な一つ穴、カリタは有名な3つ穴、ハリオは円錐型と言いますけど、T-falはまさかの5つ穴なんですね。(笑)

 

今後上手くいけば有名になりそうです。

 

評価、口コミ

このコーヒーメーカーの評判ですがかなり高いです。

特に値段の安さからコスパが良いという意見が多かったです。

一部簡単にまとめてみます。

 

コーヒーメーカー欲しくて購入しました、安価なので不安だったんですがかなりいいと思いますね、一人でコーヒー楽しむ分にはいいと思いますよ、ちょこちょこ自分でお湯入れる手間がないのでつきっきりにならない分朝の忙しいときには便利だと思いますよ。

 

フィルターですがペーパーひかなくても使えますが網目に粉入って洗うとき面倒になると思うので出来ればペーパーひいたほうがいいと思いますよ。保温性も高くコーヒーの出来る時間も短くておススメですね。

価格.com -  レビュー評価・評判

 

なるほど。

 

ペーパーフィルターでも使えるんですね。

 

これ地味に大きいです。ペーパーレスフィルターは経済的なんですが味に好き嫌いがあって、ずっとペーパーフィルターを使っている人は違和感を感じると思います。

 

そういう意味ではペーパーレスでも紙フィルターでもどっちも使えるコーヒーメーカーは大きいです。

 

使い方

使い方は簡単。

 

1 コーヒーの粉をフィルターにセット

2 人数分の水を給水ポッドに注ぎ

3 スタートボタンを押すだけ。

 

本当にかんたんですよね。

 

スビトとは?

T-falのコーヒーメーカーでよく聞く言葉が「スビト」という単語。

一体どんな意味があるのか調べてみました。

 

スビトとはT-falのシリーズのこと

 

です。

つまりNestleのネスカフェ、ハリオのV60シリーズ、とかと同じ類で考えて良いと思います。T-falのコーヒーメーカー、というよりはT-falのスビトシリーズのコーヒーメーカー、という感じでしょうかね。

 

まとめ

カラーバリエーションも3色展開しているので自分の気に入った色を選べるのは大きいですね。悩んでいる方は参考までに。

 

T-fal スビト ソリッドブラック

 

 

T-fal スビト メタリックルビーレッド

 

 

T-fal スビト メタリックノワール