読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイトマップ

 

コーヒー好きが語る「カリタ、ハリオ、メリタ」のサーバーの違い

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

コーヒーをドリップするときサーバーが必要になりますよね。

サーバーとはドリッパーの下の部分。つまりコーヒーが抽出されるガラス容器のことです。実はこのサーバーにも色々メーカーによって違いがあります。

 

今回はコーヒーの中でも有名なカリタ、ハリオ、メリタの3機種に絞って違いをまとめてみたいと思います。

カリタのサーバー

まずはカリタのサーバーから。カリタのサーバーは数年前に半年ほど使っていましたね。この上のサーバーです。赤いねじが特徴的でシンプルなのにどこかスタイリッシュな感じがしました。使いやすかったです。

 

ただガラス容器が薄いイメージがありました。ちょっとぶつけたら割れちゃう感じです。あと上蓋が取りづらい。(笑)コーヒーカップに注ぐときは安定しているのですが普段セットするときに蓋のつまみを持つのが意外と大変かも。まあちょっとの事ですが・・・。

 

 

値段は1000円です。大容量タイプもあります。大きく見積もっても2000円ぐらいあれば足りますね。サーバーとしては通常の値段だと思います。コスパ重視の普通のコーヒーメーカーって感じ。こだわりが無くて普通にコーヒーが飲みたい人向けですね。

 

ハリオのサーバー

 

 

ハリオのサーバーはカリタよりも若干ガラス容器が強い感じがしました。この上のサーバーですね。一番シンプルな型番ですがこれも半年ぐらい使ってました。ハリオは良いですよ。何がいいって使い勝手が良いんですよね。

 

取っては持ちやすいし洗いやすい。しかも下の接地面が少ない設計なのでコーヒーが冷めづらい構造になっています。これが結構すごい。本当に冷めづらいですね。(そんな気がしました。)

 

 

値段は1000円。カリタと同じくらいです。ちょっとだけハリオのほうが安いイメージがありますね。Amazonだと700円台で買えることも。ちなみに僕は1000円で買いました。(笑)

 

レンジサーバーもおススメ

次はメリタについてなんですが、先にハリオのレンジサーバーについても少しだけ。ハリオにはレンジサーバーも売っていて、これも結構使ってました。この下の画像がそれですね。

これすごく使いやすいんですよ。何がいいってまずデザインがお洒落。取っ手もガラス製で繋がっています。しかも下はハリオ特有の接地面が少ない設計。そして注目ポイントが上蓋です。

 

この上蓋を外して置けばコーヒーの滴の入れ物になります。つまりコーヒーを抽出した後のドリッパー置きになるんですね。これが本当に便利です。ハンドドリップで入れるとどうしてもドリッパーの最後の後片付けが面倒になります。その面倒を最小限にしてくれる設計です。

 

 

メリタのサーバー

 

 

最後はメリタのコーヒーサーバー。実はメリタのサーバーは使ったことがありません。なのでおすすめはできません。(笑)ただ使い勝手は良いと思います。評価も高いですし何よりお洒落ですよね。コーヒーサーバーというよりもティーポットとしても使えそうな感じ。

 

 

メリタも下の接地部分の面積が少ないのでコーヒーが冷めづらいと思います。ただ値段はハリオとカリタに比べると少しだけ高いです。1200円ぐらいですかね。ですが評判は結構高評価が多いので間違いないと思います。

 

まとめ

色々まとめてきましたがいかがだったでしょうか?

個人的にはやっぱりドリッパーで決めるのが結局一番だなと感じました。

 

例えば、

ハリオの円錐型が好きならサーバーもハリオ、

カリタの3つ穴が好きならサーバーもカリタ、

メリタの1つ穴が好きならサーバーもメリタ。

 

という感じです。やっぱりドリッパーとサーバーは同じメーカーのほうが良いですよね。見栄え的にも使い勝手も同じメーカーを使った方が決まりますよ。(笑)

 

今度時間がある時にハリオとカリタ、メリタのドリッパーについても書きたいと思います。ではこの辺で。悩んでいる方は参考にしてみて下さい~。おしまい。

 

関連記事

ハリオV60ドリッパーの特徴や口コミ、人気の理由とラインナップ

ハリオV60コーヒーサーバーの口コミ、評判や製品ラインナップ