coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

注ぎ口がペリカン!?カリタのコーヒーポット「ペリカン」の特徴

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

カリタはコーヒー器具のメーカーの中でもコーヒーポットのラインナップが多いことで知られています。数だけで言うとメリタやハリオよりも多いです。(メリタはポット自体ない)

中でも個性的なポットが多い気がします。その一つがコーヒー達人のペリカン。

名前の通り真ん中のシールにはペリカンのマークが…。(意外とかわいい)

というわけで今回はカリタのコーヒー達人ペリカンの情報をまとめたいと思います。

 

特徴はホーロー製

コーヒー達人ペリカンはカリタのホーロー製ケトルのカテゴリに分類されるモデル。一番定番のモデルはステンレス製です。ホーロー製とステンレス製の違いは、保温性とフォルム。

 

ステンレス製は熱しやすく、すぐに熱くなりますが冷めるのも早い。その点ホーロー製は冷めにくい特徴があります。保温性があるので熱いお湯をそのままコーヒーに注げるのは大きなポイント。

 

 

このカリタのペリカンは他のコーヒーポットと比べて先端がペリカンのくちばしをしています。少ない量をゆっくり淹れることも出来ますし、一気にドバっとお湯を注ぐことも出来る優れものです。

 

容量は1L。ホワイトとレッドの2色展開しています。サイズは195㎜×115㎜×190㎜。重量が725gあるので少し重い気はしますね。ホーロー製はステンレス製と比べて重さがあるのがデメリット。ただその分、保温性やレトロなフォルムを持ち味としています。

 

他のホーローポットとの違いは?

ホーロー製のコーヒーポットを買う人って、他のモデルも気になると思います。ホーロー製って結構売ってますからね。詳しい情報はこの記事に書いていますので、ぜひご覧ください。他のホーロー製のポットも紹介しています。

 


ただ個人的には、このコーヒー達人ペリカンは間違いなく長く使える一級品だと感じます。評判も高く、おしゃれでレトロな感じが伝わってくるフォルムで尚且つ使いやすい。ホーロー製は最初、買う時が高いのですが、一度買えば半永久的に使用できるのがポイント。

 

そしてステンレス製よりも愛着がわきやすいです。ステンレス製のコーヒーポットの中には1000円、2000円ぐらいで購入出来て評判の高いモデルもあります。でもそういうポットは簡単に買える分、愛着がわきずらいです。いつでも買い替えれるので。

 

なので、コーヒーをずっと飲むことが分かっているなら、コーヒーポットは少し良いやつを選ぶのが良いと思いますね。以上、僕の勝手な気持ちでした。(笑)

そんな感じでおしまい。

 

 

こんな記事も書いています。