サイトマップ

 

ネスカフェ「ジョビア」は音がうるさい?価格やピッコロとの違い

ネスカフェシリーズが熱いですね。特にネスカフェのドルチェグスト。今コーヒーメーカー界でも一世を風靡している感じを受けます。そんな大人気のネスカフェシリーズですが価格が安いことで有名なのがドルチェグストの「ジョビア」というシリーズ。

 

今回はこの「ジョビア」モデルの特徴や音がうるさいなどの口コミ、価格や同じネスカフェシリーズの「ピッコロ」との違いについて、まとめてみます。

 

 

ジョビアとは

このモデルは2015年の秋に発売されたシリーズです。価格は6000円前後くらいですかね。ただネスカフェシリーズって色々あり過ぎて分からない人も多いはず。

簡単にまとめるとこんな感じです。

 

スーパーにも売っているこのコーヒーカプセルを見たことあります?

パッケージにも書いてある通り、ネスカフェのドルチェグストシリーズが使えるコーヒーカプセルなんです。そして、そのドルチェグストシリーズには幾つかのコーヒーメーカーがあります。

 

その中でも価格帯が安くお手頃な値段で購入できるコスパが良いモデルが「ジョビア」です。幾つか特徴をまとめてみます。

 

特徴1 マニュアル型抽出

 

ドルチェグストシリーズにはオートストップ型抽出とマニュアル型抽出の2パターンがあります。このモデルはマニュアル型抽出です。なのでボタンを押して自分の好きな量でストップさせることができます。自分の手で操作するので毎回味は微妙に変わりますが、その分好みの味に抽出できるんですね。

 

特徴2 コンパクト

ジョビアの最大の特徴と言っても過言ではないポイント。そう、サイズです。まあ小さい。(笑)サイズは幅17.1cm×高さ32.5cm×奥行き22.8cmです。幅20センチを切るのは中々細いですね。ドルチェグストの中でもコンパクトさを押している理由が良く分かります。

 

ジョビアの口コミ、評判

ジョビアの口コミはかなりネットで出回ってますが、意外と評価はまあまあです。高評価ではないのが意外なんですよね。幾つかまとめてみます。

 

使い方に関して

湯量の調整は手動レバーで行います。うっかりして忘れると溢れることになります。手動であるためお湯だけを出すことができます。ポット代わりにも使えます。カプセルはネスカフェ専用です。他社の規格のものは使えません。私はお勧めします。

引用元 Amazon

 

うーむ。手動レバーの上げ下げで抽出量を調節するんですね。使い方は慣れると簡単なのでそこまで悩む必要はないかも。

 

音がうるさい?

他の口コミとしては「音がうるさい」という指摘もありましたが、調べてみるとそこまで騒音ではないとのこと。あまりにもうるさかったら欠陥品でしょうね。

確かに通常のコーヒーメーカーと比べると音は大きいかもしれません。ただ騒音までは行かないレベルです。そこまで気にする必要もないと思います。

 

ピッコロとの違い

最後にピッコロとの違いについて。

このモデルと似たような値段でコスパの良いドルチェグストシリーズのコーヒーメーカーがネスカフェにはあります。それが「ピッコロ」シリーズです。これですね。

 

 

主な違いはタンク容量の違いです。

ジョビアは800ml、ピッコロは600mlです。なのでコンパクトでも水タンクが大きいほうが良いならジョビアですね。またピッコロはすでに販売終了しています。

もし悩んでいる方がいれば参考までに。