coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

無印良品と同スペックの全自動コーヒーメーカーを3機種比較してみた

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

無印良品のコーヒーメーカーが人気みたいです。

すぐに人気が落ちると思ってたので意外ですね。

 

ただ個人的には他にも良いコーヒーメーカーがありそうな気もするんですよね。

だって無印良品は32000円するんですよ?

 

32000円あれば同スペックでコスパの良いコーヒーメーカーが手に入りそうな気もするんです。ってなわけで早速調べてみました。

f:id:zakkiblog:20170413052726j:plain

無印良品ネットストア

全自動コーヒーメーカー

まず同スペックを探すにあたって注目したいのはこのモデルが「全自動」だということ。無印良品初の全自動コーヒーメーカーなんです。すごいですよね。

 

なのでこのモデルと似たスペックを探しているなら「全自動」がポイントになります。

 

ただ正直コーヒーメーカーって「全自動」になると高いんです。

 

今まで色々なコーヒーメーカーを調べてきましたが「全自動」というだけで価格が倍近く上がることもあります。それだけ高スペックな機能なんでしょうね。

 

容量3杯分+保温プレート式

f:id:zakkiblog:20170413054419j:plain

そしてもう一つ、無印良品のコーヒーメーカーの特徴があります。

 

それは容量3杯分で保温プレート式であること。

 

容量3杯分は公式には450mlとなっています。そして保温プレートは75℃~80℃キープで20分間です。この機能があるだけでコーヒーを熱いまま飲めます。

 

ただ温め過ぎるとコーヒーが煮詰まるので20分という絶妙な時間も無印良品は計算してるんでしょうね。

 

なので最低でも全自動で容量3杯分は入れれること、保温プレートの機能が付いていることが大前提になります。まとめるとこんな感じ。

 

無印良品のコーヒーメーカーのスペック

全自動コーヒーメーカー

容量3杯分抽出

保温プレート付き

サイズ 幅14.5×奥行28.5×高さ34.5

価格 32000円

 

調べてみると、このカテゴリに一致するコーヒーメーカーは3つありました。

(無名のメーカー、魔法瓶サーバータイプは省いています。)

 

個人的には間違いない機種が一台、微妙な機種が一台、未知数の機種が一台です。(笑)順番に比較してみます。

 

1 Panasonic NC-A56

 

Panasonic NC-A56のスペック

全自動コーヒーメーカー

容量5杯分抽出(670ml)

保温プレート付き

サイズ 幅22×奥行24.5mm×高さ34.5

価格 18000円

 

まず最初は一番評判が高い今注目の製品。PanasonicのNC-A56という全自動コーヒーメーカーです。コーヒーミルが詰まることもなく評価が圧倒的に高い機種です。

 

全自動コーヒーメーカーで悩んだらこれを買えば間違いないといえる機種。

 

個人的には「全自動コーヒーメーカー」の類で考えたときに真っ先にこれを買います。そのぐらい間違いないモデルです。詳しくはAmazonレビューで確認するとその良さが分かると思います。

 

 

サイズの高さは無印良品と全く一緒です。NC-A56は横幅が広いです。なので形的には無印に比べて横に大きくなったイメージですね。なにより嬉しいのは価格。評価が高いのに18000円。

 

安過ぎます。

 

このクオリティでこの値段は間違いなく売れますね。

 

2 シロカ siroca crossline

シロカ SC-A121のスペック

全自動コーヒーメーカー

容量4杯分抽出(580ml)

30分の保温プレート付き

サイズ  幅17.3×奥行22×高さ27cm

価格 13000円

 

2つ目は言い方が悪いですが「微妙」なモデルです。(笑)

シロカのSC-A121というモデルです。全自動コーヒーメーカーで容量も4杯抽出。しかも無印良品よりもコンパクト。ただ一つ難点が。

 

 

評価が低いんです!

 

詳しくは価格.comで見ると分かりますが、まあ評価が低い。

Amazonレビューではそれなりの評価だけになにか裏がありそうな気がします。

どうやらミル部分に改良の余地がある気がしますね。

 

3 アイリスオーヤマ IAC-A600

アイリスオーヤマ IAC-A600のスペック

全自動コーヒーメーカー

容量4杯分抽出(600ml)

30分の保温プレート付き

サイズ  幅17.7×奥行28.6×高さ29.2㎝

価格 8000円

 

最後はアイリスオーヤマの全自動コーヒーメーカー。このモデルはアイリスオーヤマが2017年3月に販売を始めたモデルで評判も少ないモデル。よってコーヒーメーカーとしての評価は未知数です。

 

 

ただ徐々にAmazonではレビューが増えていてまあまあの高評価といった口コミが多いみたい。個人的にはもう少し様子を見てから買いたいところ。値段も10000円以下でかなりコスパは良いと思います。

デザインが気に入った方はチェックしてみる価値ありですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

無印良品のコーヒーメーカーと同スペックの全自動機種をまとめてみました。評判だけ見ると圧倒的にPanasonicの機種が一番です。ただ新製品という観点からすればアイリスオーヤマも捨てがたいですね。ぜひ悩んでいる方は参考にしてみて下さい~。

 

ちなみに無印良品のコーヒーメーカーは32000円。

アイリスオーヤマのモデルは8000円。

 

ということは

 

アイリスオーヤマのコーヒーメーカー4台買うのも手か!?(笑)

 

おしまい。

 

 

関連したこんな記事も書いています。

無印良品のコーヒーメーカーMJ-CM1の特徴

パナソニックNC-A56コーヒーメーカーは買い?

シロカの全自動コーヒーメーカーの特徴やラインナップ、評判

アイリスオーヤマ全自動コーヒーメーカーIAC-A600の口コミ