読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイトマップ

 

メリタのミアスMKM-4101コーヒーメーカーの価格や口コミは?

メリタ コーヒーメーカー

メリタは大容量タイプのコーヒーメーカーがいくつかあります。その中でも一番安いコーヒーメーカーがミアスMKM-4101というモデル。

 

一人(me)でも、みんな(us)でも楽しめる、ってことで「ミアス」らしいです。(笑)中々上手いですよね。

 

今回はそんなコーヒーメーカーに絞って価格や口コミ情報をまとめてみます。

ミアスMKM-4101とは

まずはこのコーヒーメーカーの情報をいくつか。このモデルは10杯分抽出できる大容量タイプのコーヒーメーカーの中で価格が格安のモデルとして知られています。値段は3000円~5000円程度で買えてしまいます。正直かなり安いです。10杯分の大きさだと普通6000円はしますから。2014年に発売されたモデルで評判も高くコスパが良い機種です。

 

 

特徴1 メリタ式1つ穴抽出法+保温プレート

このモデルはメリタ式の1つ穴のドリッパーを採用しています。コーヒーとお湯が長くとどまるのでよりコーヒー粉の本来の味が楽しめるんですね。

保温もばっちりです。下に保温プレートがあるので温かいコーヒーを楽しめます。

 

特徴2 手ごろな価格

この機種はメリタの大容量タイプの中でも一番安い価格のコーヒーメーカーです。実際他のメーカーと比べても一番安いですね。3000円台で買えることも。もう2~4杯用機種レベルですよ、この安さは。(笑)

 

ただここだけの話、安いのには理由があります。幾つか機能を省いているんですよね。たとえば、オートオフ機能は付いていません。なので抽出し終わったら自分でチェックして電源を消さないとずっと保温プレートが作動します。コーヒーが煮詰まるでしょうね。そこは難しい所です。

 

ただ個人的にはこの値段なら十分な機能が備わっていると思います。十分コスパが良い製品です。

 

口コミや評判

気になるのが口コミや評判について。

Amazon レビューに参考になる口コミが多く載せられています。

 

使い勝手に関して

一番不満なのは、水タンクの水位目盛り。とても見辛く、無いに等しい。

毎回、水を注ぎ入れるたびに不満です。白とか黒の着色が欲しい。ジャーにも目盛りがない。

明るい場所では、メインスイッチのネオンランプの点灯が暗くて解りにくいので、スイッチの切り忘れが心配だ。

 

コーヒーのできあがりまでのスピードは速く、掃除もしやすい。

一昔前のメリタの物は目盛りが奇麗に入れてあったのに、こんな重要なところで手抜きするなんて残念です。

うーん。手抜きしてるつもりはないと思います。だってこの価格ですから。泣く泣く省いたんだとは思いますけどね。もし水タンクのメモリやスイッチのライトなど小さなことも気にする方なら、メリタのもう一つ上のランクの10杯分コーヒーメーカーにした方が良いかも。

 

味に関して

容量と形が気に入り購入しました。手入れもしやすいですね〜

味は蒸らしが充分で香りが引き立ちすっきりとした味わいですよ。

コスパ最高だと思います!

やっぱりこういう意見が多いですね、コスパ最高の製品だ、という口コミ。しかも味も蒸らしが十分で香り豊かなコーヒーが楽しめるって最高じゃないですか?

間違いなくコスパは良いモデルです。

 

まとめ

最後に感じたことをまとめてみます。

「安くて大容量タイプをお探しならメリタのミアスで決まり!」

ってとこです。

正直、評判が高くて10杯分淹れれるコーヒーメーカーでここまで安いのはこのモデルです。それだけ使い勝手が良いんでしょうね。

 

ただ8杯分くらいでも良いなら他のコーヒーメーカーも探してみる価値ありだと思います。たとえば少し値段はあがりますが8000円位で8杯分抽出でき評判が高いコーヒーメーカーも結構ありますね。

タイガーの「ACE-S080」なんかは良いと思います。

これ。

 

 

タイガーの「ASE-S080」の記事も書いています。

口コミや説明書は?タイガー「ACE-S080」コーヒーメーカー

 

ただ本気で安い10杯分のコーヒーメーカーなら今回紹介したメリタのミアスのほうが良いです。悩んでいる方がいれば参考までに。