coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

ミルクジャグのおすすめランキング!ステンレス製+デロンギなど

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

ミルクジャグ(ミルクピッチャー)ってあると便利ですよね。ラテアートを描くのにミルクジャグは必須です。でもどうせ使うならデロンギなどの有名メーカーのほうが使い勝手は良いです。

時々100均にも売っていますがやっぱり使いづらい!というわけでこの記事ではミルクジャグのおすすめランキングと題し、Amazonや楽天で販売されているおすすめできるミルクジャグを順番にまとめてみたいと思います。

 

悩んでいる方はぜひチェックしてみて下さい。

 

1 デロンギ 350ml

 

値段は3000円以内で買えます。特徴は注ぎやすさ。350ml入るのでカプチーノ1杯分ミルクを泡立てるのに丁度良い量ですね。先端が尖っていますのでラテアートも作れます。ステンレス製で内部のミルク温度も手のひらで分かるんですね。

 

そしてやっぱりあのロゴですよ。「DeLonghi」と書いています。カッコいい!実はレーザープリントで加工がしてあるんです。なので熱とかで剝がれることはありません。デロンギのコーヒー器具があるなら一緒に揃えておきたいミルクジャグです。

 

 

2 デロンギ 400ml

 

2つ目に紹介するのは同じくデロンギの400mlバージョンです。先程のタイプとは違ってより研磨されたデザインでミラータイプト呼ばれているそう。鏡のように鏡面状に加工がされてあるので、より高級感が増します。

 

また取っ手部分は持ちやすいカーブを描いた設計になっているのでとても使いやすいんだとか。値段は5000円。少し高くなりますが容量が400ml入るのと鏡面加工を考えると、平均的な値段だと思いますよ。

 

 

3 ノーブランド 600ml

 

 

3つ目はまさかのノーブランドです。ただまあ評価が高い。Amazonで確認すると分かりますが異常に高評価が多いです。でもどのレビューもちゃんと高評価されているんですよね。多分値段の割合にコストパフォーマンスがずば抜けているからだと思います。

 

そのお値段、なんと700円です。安過ぎますよね。メーカーを気にせず、とりあえずラテアートをやってみたい、という方向きかも。ただやっぱりデロンギなどに比べるとデザイン面で劣ってしまうので、慣れてきたら買い替えるのが良いと思います。

 

600mlという大容量な部分も注意が必要です。買ってみると「予想以上に大きい」ので。

 

 

4 Fly Skyline 400ml・600ml

 

 

個人的に今注目しているのがこれ。Fly Skylineというメーカーが販売元らしいのですが、これも評価が高いんです。しかもデザインがお洒落で値段が1300円と結構い安めなんですよね。多分このミルクジャグもコスパが良いという理由での高評価が多かったです。

 

特徴は内側に容量のメモリが記載されていること。これがあるだけで一気に使い勝手が良くなります。ラテアートの細かい部分を作るのに役に立つピックピンも付属で付いてきますし、容量も400mlと600mlを選ぶことができます。結構使いやすいかも。値段が安いのでとりあえずラテアートしたいならこれおすすめですよ。

 

 

5 イルサ 300ml・500ml

イタリアの有名メーカー「イルサ」社の60周年モデルです。ハンドル部分や注ぎ口がイタリアっぽいデザインに仕上がっています。ラテアートを描くために設計されているので、初心者でもきれいな模様を描きやすいと言えます。

 

ただこのモデルはミルクジャグの中でも高級ランクの部類です。値段は300mlが5500円、500mlが6500円です。通常のミルクジャグよりもステンレスが分厚い設計になっているのが特徴です。本格的にラテアートを楽しみたい方は購入する価値があります。

 

 

6 メプラ 550ml

 

 

イタリアでバリスタが愛用するほどの人気を誇るイタリア製メプラ社のミルクジャグ。通常のミルクジャグとは違い、底面が安定するような設計になっています。正直ここまで凝ったデザインのジャグってあんまりない気がしますね。

 

容量は550ml。値段は15000円です。カプチーノ2杯分を簡単に作れます。

 

 

7  BARISTA&CO

イギリスのメーカーが販売するミルクジャグ。どちらかというとインテリア系に重視されたモデルです。ラテアート専門というよりも、色々な料理に仕えてキッチンのアクセントになる。そんな雰囲気を重視したコーヒー器具ですね。

 

値段は1800円。楽天で購入できます。カラーも Midnight Gold、Midnight Copper、Midnight Black、Electric Steel の4種類あります。ただ本気でラテアートを頑張りたい!と意気込んでいるなら、このジャグはちょっと違うのかな、と感じますね。

 

 

8 Rattleware 600ml

 

 

見た目はシンプルなラトルウェアのミルクピッチャーです。一見普通のミルクジャグに見えますよね?でも実はこのメーカー、ラテアートのワールドチャンピオンも認めるほどの有名なミルクジャグを製造する会社なんですよね。

 

あまりにも売れ過ぎるので、似ている模造品が結構多いみたいです。見分ける方法は底面のマーク。ラトルウェア正規品は、底面にrwのマークの刻印があります。パッケージにもrwという文字がステッカーとして貼られてているとの事。

 

値段は4500円。間違って偽物を買わないようにしてください。ちにみに業務用エスプレッソマシンとの相性が抜群だそうです。

 

 

9 SODIAL(R) 350ml

このジャグは珍しいブラックでコーティングされたステンレス製モデルです。ここまでコーティングされているのはあんまり見ないですよね。値段は1000円で350ml入れれます。

 

ただあんあんまり口コミはありませんでした。

1000円なので試してみる価値はありかも。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ミルクジャグって探せば探すほど色々な種類があってキリがないと思うんです。どれがいいか結局分からない!と感じる方もいると思います。

個人的には「悩んだらデロンギがおすすめ」ですね。有名メーカーで値段もそれなり、しかもラテアートしやすい、という特徴が揃っているので。

 

楽天市場で調べてみるとミルクジャグが大量に出てくるんですが、全部がラテアートに適しているわけではありません。蜂蜜を入れる用、というジャグまでありましたからね。(笑)

 

もしコーヒー関連でミルクジャグを探しているなら、見た目よりもやっぱり使いやすさ重視のほうが、あとあと満足できますよ。ぜひチェックしてみて下さい。それではおしまい。