coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

おすすめはどれだ?カリタの手挽き(手動)コーヒーミルまとめ

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

カリタのコーヒーミルは様々な種類があります。以前は種類も少なかったんですが、使いやすくお洒落さを追求したミルが増えている気がしますね。というわけで今回の記事ではカリタのコーヒーミル(手挽き、手動)を順番に紹介していきたいと思います。

 

f:id:zakkiblog:20170626061421j:plain

 

KH-3

 

 

カリタの中でも一番オーソドックスなコーヒーミルですよね。値段も1700円とそこまで高くないので良心的です。とりあえず手動式のミルが欲しい、という方向け。ただ上蓋が付いていないので時々コーヒー豆が挽いている最中に飛んでくることがあります。蓋がないミルはどれも全般的に飛んできますけどね。(笑)

 

KH-5

 

 

で、今のKH-3の大きいバージョンがKH-5です。こっちのほうが高級感があります。サンダーバンド1号2号的な感じですよね。新しくどんどん改良されていくみたいな。(例え下手か!)挽きやすいように突起があるので掴みやすいです。しかも蓋つき。これで豆も飛んでくるまい。

 

KH-9

 

 

今度はKHシリーズの小さくなったバージョン。なんかお豆みたいですよね。すごく可愛いですがたくさんの豆を挽くのには向いていません。そんな大量に豆を挽いたらすぐいっぱいになっちゃいます。個人的にはインテリアとして飾っても良いかな?という感じ。だってこれ飾ってあったら絶対かわいいでしょ!?

 

K-1

 

 

またまた小さいシリーズです。K-1です。小さくてヘンなの!と思うかもしれませんが、実はカリタの中でも高級部類に入るモデルです。値段は6000円ぐらいします。高い!ただ純銅製で出来ていて重さが約1㎏あるので安定して豆を挽けるんですよね。

 

K-2

 

 

K-1のもっとシンプルになったバージョンがK-2です。この上の画像を見ればわかる通り、もはやシンプル過ぎてハンドルがないとミルだと気が付かなさそう。なんか古びたアンティークな雰囲気のあるカフェに置いてそうじゃないですか?

 

ミニミル

 

 

ミニミルもカリタの中ではKH-3と同じくらい有名なモデルですよね。KH-3は挽いた豆を下の入れ物を回して取り出しますが、ミニミルの場合、引き出し型になっているのですぐに豆を取り出すことができます。僕も引き出し型のミルを主に使いますが、こっちのほうが楽なんですよね。ただ上蓋は付いていないので豆が飛んでくるかも。(笑)

 

ドームミル

 

 

ドームミルはミニミルの上蓋が付いたバージョン。引き出し型+上蓋つきは最強ですよ。豆は飛んでこないし挽いた豆も簡単に取り出せるし。使いやすく値段も3000円なので間違いない安定した人気商品ですね。買って失敗は絶対にないです。(カリタはどれもそうですが)

 

クラシックミル

 

 

個人的にホントにおすすめなのがこのクラシックミルです。アンティーク調な感じの雰囲気が好きですね。で、これ僕も使っていた時期がありましたが、まあホントに使いやすい。引き出し型だし豆は飛び散らないし。

しかも底面が四角くどっしりしているので、安定しているんですよね。今まで使っていた安いミルは何だったんだ、っていうくらい安定して豆を挽けます。

もしカリタの手動式のコーヒーミルで悩んでいるなら僕は迷わずこれをおすすめしますね。一応Amazonで確認すると良いと思います。すごく評判も高いので。

 

KV-2B

 

 

ここからは縦長な感じ。KV-2Bはクラシックミルと比べると全く対極にあるミルですね。クラシックミルがどっしり構えるタイプならKV-2Bは瞬発力で相手を揺さぶる感じ?とにかくカリタの中では縦長でスリムな部類に入ると思います。

 

セラミックスリムミル

 

 

カリタ史上一番の縦長じゃないですか?完全にトラベルグッズ寄りなコーヒーミルですね。古びた喫茶店よりも新しいカフェとかに置いてありそうなタイプです。部屋の中が明るい新しめな家だと飾ってても違和感なさそうです。豆を挽く時は下のほうを持たないと倒れるそうです。

 

ラウンドスリムミル

 

 

ここからは少し高級路線のカリタコーヒーミル。ラウンドスリムミルは今時珍しい炭素銅を使用した高級刃が特徴的なミルです。カラーバリエーションがナチュラル・ブラック・クリアの3種類あります。上の画像はクリアですね。

今の時代にこんな透明でオシャレなコーヒーミル使っている人いるのかなあ。今のところ、このミルを使っている人には会ったことがありません。(笑)

 

ダイヤミル

 

 

このミルは上蓋にコーヒー豆を入れてハンドルを回すと下の引き出しに挽いた豆が溜まっていくという仕組み。仕組み自体は通常のミルと全く一緒ですが規模が違いますよ。本体のサイズは174×180×245(mm)。重量はなんと3.3㎏あります。相当な重さだ…。

僕は喫茶店のレジ横に置いてあるのを見たことがありますね。確かにオシャレでした。どっしりと構えてコーヒーミルの風格がバンバンに伝わってくるダイヤミル。正直結構欲しいです。(笑)評価も高いですしね。

 

桐モダン

 

 

最後は超高級素材を使ったミル。桐はコーヒー関連の器具に使われる高級な木の一つ。湿気や熱に強いと言われています。僕が覚えている限りではコーヒーキャニスター(保存容器)に使っているメーカーがあったと思います。その容器も湿気や熱からコーヒー豆を守る、という事で評判がとても高かったですね。

この桐モダンも同じ桐を使用しています。見た限りメチャクチャ凝ってません?ちなみに1段タイプと2段タイプがあります。2段タイプの場合は下がストッカーだそうです。キャニスターとミルが合体した感じですね。う~ん。これは間違いないと思いますよ。

 

まとめ

f:id:zakkiblog:20170626061441j:plain

 

いかがだったでしょうか?実はまだ何種類かあるのですが今回は有名なモデルだけを紹介しました。たぶんカリタはまだまだ新しいコーヒーミルをこれから出すと思いますので、どんどんこの記事にも追加していきたいと思います。

個人的なおすすめはクラシックミルですよ~。

もし悩んでいる方は参考にしてみて下さいね。ではこの辺でおしまい。

 

こんな記事も書いています。

www.coffeeojisan.com