coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

評判や口コミは?カリタの電動コーヒーミルの価格最安値まとめ

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

 

電動のコーヒーミルって今、色々なところで売っていますよね。欲しいと思っても探すのに一苦労です。しかも今回まとめるカリタは数種類電動コーヒーミルがあります。どれを選んだらよいか迷う人も多いはず。

 

というわけで今回はカリタの電動コーヒーミルの特徴と口コミ、最安値を簡単にまとめてみました。悩んでいる方は参考までに。(値段に関しては多少前後すると思います)

 

f:id:zakkiblog:20170523102953j:plain

 

1 カリタ CM-50

 

 

まず最初のモデルはスタンダートタイプです。カリタの定番のコーヒーミルですね。サイズも99×82×17㎜で丁度良い大きさです。あんまり大きいと逆に置き場所に困りますからね。50gの豆を15秒ほどで砕けます。自分で押しながら砕くタイプです。電動ですが自分で押さないとスイッチは入りません。

 

気になる値段ですがカリタ公式ホームページには本体価格5500円とありました。

うーん。

 

高い!

 

できれば3500円ぐらいまで下げたいです。(笑)楽天で調べると3500円!Amazonで調べると2900円!あれれ?どんどん下がりますね。まあ、Amazonの2900円はかなり安いです。公式の値段の50%引きになってますから。

 

CM-50の口コミ

 

 

CM-50の口コミはまあまあ評価が高いです。星4.1ってとこでしょうか?(笑)随分微妙な数字ですがレビューも多いので参考になる点が多いと思います。一つだけまとめてみます。

 

コーヒーに凝りだしてもう何年経っただろうか。その間ミルも手挽きから電動のナイス〇ット何とかとか10種類以上購入したけど、現在日常的に使っているのは、これ。

詳しいことを喋っても良いけど所詮感性の問題だからやめておきます。今からコーヒーに嵌まりつつありミルを探されている方、これで間違いないですよ。

 

この方の口コミはAmazonレビューにありましたが何年もコーヒーミルを使い続けている方です。そんなベテランがCM-50を推しているのは、やっぱり品質が良いんでしょうね。ちなみにこのモデルはブラックとホワイトの2種類展開しています。

 

 

2 カリタ イージーカットミル EG-45

 

 

このモデルは先程のスタンダートのCM-50よりも簡単に仕上げたモデルです。「もっと手軽にコーヒーを砕けるように」ってことでイージーカットミルという製品名なんですね。注目ポイントはやっぱりその手軽さ。上の画像を見ても分かる通り、説明が詳しく書いています。蓋の開け方すら「しめる」「あける」と表示されているので誰でも簡単に使えます。

 

サイズは90×90×185㎜。先程のスタンダードモデルのCM-50とほぼ同じです。そして気になる値段ですが、楽天だと2900円、Amazonだと2000円です。

 

Amazon安い!

 

もちろん価格の変動はあるので一概には言えませんが、Amazonのほうが安いのは確か。流石ですね。

 

EG-45の口コミ

 

 

口コミですが、評価はまあまあですね。さっきのスタンダードモデルに比べると少し低めかも。やっぱり初心者向きなのでコーヒー好きには物足りないんでしょうね。

 

これって3~4杯分の豆があっという間に挽けますね。すごいです。低評価の方が結構いるので少し心配でしたが、コーヒー機器の総合メーカーだという「Kalita」のロゴがついているので、そこそこは良いのだろうと求めました。

3か月使いましたが十分満足しています。それまで手動でゴリゴリやっていた、一日10杯飲むための「時間」と「労力」をずいぶん節約してくれています。買ってよかったです。

 

低評価を気にする人が多いみたい。初心者には良いと思います。カリタ製は安心できる有名メーカーなので。ですがコーヒーを何年も飲んでいる中級者・上級者にはまず向いてないですよね。(笑)

 

 

3 カリタ セラミックミル C-90

 

 

そして最後はC-90というセラミックミルです。今までのとは明らかに違います。というのも今までのミルと違い、この機種は臼歯にファインセラミックを使用しています。しかもお好みの粗さに9段階で選べます。つまり完全に電動タイプですね。スイッチをONにすると勝手に豆を挽いてくれて隣のプラスチックの中に粉がたまっていく仕組み。

 

値段は公式だと本体価格12800円。ただ楽天だと8900円まで下がります。10000円の壁を越えましたね。(笑)Amazonの場合は6700円です。

 

やっす!

 

今のところの値段はそんな感じ。

 

C-90の口コミ

 

 

評価は同じようにまあまあ高いです。星4ぐらいのイメージです。静電気に関しての口コミがいくつかありました。電気を使うのでしょうがない部分はあると思いますが。

 

挽きたてコーヒーを毎朝楽しみたいけど、手動は面倒だし、大型のミルは高価で一人分にはオーバースペック。一人暮らしで毎日のコーヒーに少しこだわりたいあなたにオススメ。

 

毎朝このミルで挽いたコーヒーをプレスで煎れて1年半以上。別に壊れたりもしません。手入れも簡単。そして2年半経過。毎朝コーヒーを挽いていますが、今日も元気に動いてます。


手入れは軽く付属のブラシで時々掃除する程度。耐久性にも全く問題ないですね。すっかり毎日の生活に溶け込んでます。コーヒー「粉」は買わなくなりました。

 

8年経過しましたが、まだまだ問題なく使えています。耐久性に関しては元が取れておつりが来るくらいなので、コーヒー常飲してる人は買っちゃいましょう、これ。

 

耐久性が高いみたいです。最初の初期投資は、今紹介してきた3機種の中で一番高いですが、やっぱり安定しているんですね。高いだけあります。カラーもホワイトとブラックの2種類があります。

 

 

まとめ

 

f:id:zakkiblog:20170523102854j:plain

 

いかがだったでしょうか?他にも電動コーヒーミルはあるのですが、販売終了になっているので、カリタの公式ホームページに載せられているものだけをまとめるとこの3機種になります。

 

値段に関しては公式ホームページの金額の7割の値段が楽天、そして5割がAmazon、という感じがしましたね。(勝手なイメージです)Amazonは公式の半額で買えるという計算です。すごいですね。(笑)

 

もし悩んでいる方は参考にしてみて下さいな!

それでは、おしまい。

 

こんな記事も書いています。

ハリオV60電動コーヒーグラインダーの特徴、口コミ