coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

自宅で簡単焙煎!OTTIMOコーヒービーンロースターの特徴

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

焙煎と聞くと喫茶店や老舗のカフェで行うイメージがあります。

でも今の時代、焙煎は自宅で行うという考え方が流行っているんだとか。

 

例えば、日本電熱のカフェロイドというコーヒーメーカーは、自宅にいながら生豆を焙煎しコーヒーを全自動で抽出してくれるモデルです。こう考えると時代も変化してきたなあ、という気持ちになりますね。

 

先日、そんな焙煎の機械で面白いモデルを見つけました。OTTIMOのコーヒービーンロースター(焙煎機)です。型番はJ-150CR。焙煎中の煙が出ないことで有名な焙煎機です。今回の記事ではこのOTTIMOの焙煎機についてまとめてみます。

 

 

最大の特徴は焙煎機なのに煙が出ない?

 

この焙煎機の最大の特徴は煙が出ないこと。

通常焙煎中はモクモクと煙が上がります。コーヒー豆の匂いも部屋中に広がるのが普通です。今まではこうした焙煎環境の難しさから、自宅で焙煎は中々できませんでした。

でもこのモデルはアフターバーナーを搭載しているので、煙も抑えることができます。

 

アフターバーナーとは、焙煎して出てくる煙を別のバーナーで燃焼させて消す装置です。大きなコーヒー焙煎所ではよく使われる手法で、掃除の手間が省け消臭もできるので評判の高い装置ですね。

煙が出ないので、部屋の中でもより快適に、焙煎することができます。

 

150gの豆をガラスドームで確認しながら焙煎できる。

このOTTIMOの焙煎機の特徴はまだあります。特に不思議なのはドーム型の蓋。ガラスでできているので中身を確認しながら焙煎することができる優れものです。焙煎時は常に生豆の色合いをチェックしたいもの。この機械ならコーヒー豆がどれ程焙煎されているかよく見ることができます。

 

分かりやすいボタン操作

 

ボタン操作が簡単なのもありがたいです。

1 スタートボタンを押します。

2 焙煎時間と焙煎する温度を設定します。

3 生豆をセットします。

4 焙煎スタートです!

 

その他の特徴は以下の通り。

 

・温度設定は6段階で変えられる

・焙煎時間は9段階で変えられる

・焙煎中にコーヒー豆の薄皮(チャフ)を集めるチャフ分離機能搭載

・取り外し可能な焙煎窯で使用後の冷却も簡単

・低騒音モーターを採用

 

まとめ 口コミが少ない

f:id:zakkiblog:20171112134604j:plain

 

個人的には、家で焙煎できるのは大きいです。やっぱり生豆から新鮮なコーヒーを飲めるのは大きいですしね。しかも大きさもコンパクトです。サイズは24cm × 33cm × 30.5cm

ただ、口コミが少ないのがちょっと気になりました。Amazonや楽天市場を見てもあまりレビューが少ないです。まだまだ自宅で焙煎するという考え方が浸透していないからだと思います。これからヒットしていくのかに注目ですね。それでは。