coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

ネスレHPM9635バリスタアイ、SPM9635や9631の違い

Nestleのネスカフェ・ゴールドブレンド・バリスタアイが人気ですね。Bluetoothでスマホと対応して遠くの家族や友達とも繋がれることが話題のようです。2016年秋の発売から人気は衰え知らず。ネスカフェの目玉になっている製品です。

そこでこの記事ではバリスタアイのちょっと違うポイントに注目してみました。カラーバリエーションと、SPM9635、HPM9631との違いについてです。気になる方は見てみて下さい。

 

HPM9635の特徴

まずは少しだけ特徴を。このモデルは簡単なボタン操作で5種類のカフェメニューが作れちゃいます。スマホにネスカフェのアプリをダウンロードすれば遠くにいてもBluetoothで抽出のスタートボタンを押せるんですね。

他にも目覚まし抽出機能や予約機能も搭載しています。

 

カラーバリエーション

そんなバリスタアイHPM9635ですが、カラーバリエーションは5種類です。値段はどれも同じ。(多少差はありますが。)相場価格は大体6500円前後です。

HPM9635-PR

プレミアムレッド。鮮やかで上品なカラー。

 

HPM9635-PW

鮮やかなホワイト色。

 

HPM9635-WB

意外と人気なカラーがウッディブラウン。落ち着いた色です。 

 

SPM9635-W

落着いたホワイト色。

 

SPM9635-R

鮮やかなレッド。

 

SPM9635との違いは?

5つ紹介して気が付いた方も多いと思います。

最初の3つ(プレミアムレッド・ピュアホワイト・ウッディブラウン)はHPM9635です。そして残りの2つ(ホワイト・レッド)はSPM9635なんですね。

 

どうして型番が違うのか?

答えは特に理由はありません。色が違うだけです。ネスカフェは機能は同じなのに型番が違うモデルが他にも結構あるんですよね。なので特に気にせず気に入ったカラーを選んでOKです。

 

そしてもう一つ間違えやすいのがHPM9631ですよね。

 

HPM9631の違いは?

HPM9631は全くの別製品です。2015年に発売されたのでネスカフェの中でも古いモデルですね。価格はそのぶん値下がりしていて相場は5000円位です。

この下のモデルがそうです。ちょっとだけHPM9635と比べるとデザインが細い気がしますね。

 

 

このモデルの基本的なスペックは9635とほぼ同じ。HPM9635と同様5種類のカフェメニューが作れます。ただBluetooth機能は付いていません。サイズや水タンク容量も若干違いますね。

比べてみると・・・

 

HPM9635

2016年秋発売 相場価格6500円

サイズ 幅17.8×高さ32.0×奥行28.9cm

 重量約3.4kg

 タンク容量:1.0L

HPM9631

2015年冬発売 相場価格5000円

サイズ:幅17.6x高さ35.9x奥行28.5cm

重量3.6kg

タンク容量:0.8L

 

安く抑えたいならHPM9631。最新モデルならHPM9635です。まあ1500円くらいの差なので最新機種に越したことはないと思いますが。

 

HPM9631の記事も書いています。

www.coffeeojisan.com

 

まとめ

 

ネスカフェはこれからもどんどん新しいモデルを発売してくると思います。Bluetooth対応のコーヒーメーカーって凄いですよね。これからどんなコーヒーメーカーが出てくるのか今から楽しみです。おしまい。

 

バリスタアイを無料で買うこともできます。