サイトマップ

 

ハリオフィルターインコーヒーボトルの特徴や使い方、評判

こんにちは。「ざっきぶろぐ」です。

ハリオのフィルターインコーヒーボトルって変わった形してますよね。

ついさっきネットで見たんですがこれです。

 

 

なんだこれ?

 

ペットボトルのような水出しコーヒーのような・・・

今回はこのハリオ製のフィルターインコーヒーボトルの評判や口コミ、特徴などなどをまとめてみます。(型番FCI-70)

 

フィルターインコーヒーボトルの特徴

 

 

まずはこの器具の特徴から。これは水出しコーヒー器具で誰でも簡単にアイスコーヒーが作れる優れものです。容量は650ml、価格は1500円位。特徴的なのは蓋のキャップですよね。このキャップはワインをイメージしているらしいです。確かに形が似ている気もします。

 

使い方

 

 

これは他の水出しコーヒー器具と使い方は一緒。

 

1 ストレーナーに人数分のコーヒーの粉をいれ

2 水を上からゆっくり注ぎ

3 冷蔵庫でそのまま8時間保存

4 ストレーナーを外せばアイスコーヒーの完成!

 

つまりこのフィルターインコーヒーボトルは形が変形しただけの、普通のアイスコーヒー器具と一緒なんですね。違いは先端のキャップがボトルになっていることだけ。

サイズは幅20.8×奥行10.5×高さ21.6cmなので意外とそこまで大きくないかも。

 

フィルターインコーヒーボトルの評判

 

 

このコーヒー器具、実は評価がかなり高いです。

安いし使い勝手は良いしお洒落だし・・・

3拍子揃ってますね。

 

気になった口コミをまとめてみました。

 

66年間住んだ東京を離れた時に美味しいコーヒーとは決別したつもりでした。今住んで居る町にはコーヒー専門店は1軒あるのみです。そこで10か月前から自分で豆を取り寄せ、淹れる様になりました。朝の落ち着いた雰囲気の中や夕暮れ時に楽しむ一日一杯のコーヒーは豊かさを感じさせてくれます。でも、水出しコーヒーはどうやるのか、皆目見当もつかずに諦めていました。

 

東京に居た時、ご近所に行きつけの、小さくて居心地の良いカフェがあって、一昨年の夏からメニューに加わったのがこの水出しコーヒーでした。8時間掛けて水で出すそのコーヒーは、ザツミが無いと言うよりは、何というか、舌よりもカラダに伝わるすっきりした味が気に入っていましたが、このボトルを見つける迄はその味は諦めていたのです。

 

今は、暑い季節の間はネルドリップに代わり、水出しコーヒーになり、私にとってはちょっとした贅沢タイムで、充実した時間を与えて呉れます。甘いものと一緒に頂く時はストレートですが、普段は牛乳や豆乳で割って楽しんでいます。

 

なんだか感動する物語やん!

 

ちなみにこれはAmazonのレビューです。

このハリオのフィルターインコーヒーボトルを遣えば、昔ながらのアイスコーヒーを思い出し感動できるってわけか。しかも1500円で買える。1500円で感動を買いたいならこのコーヒー器具で決まりですね。(笑)

 

おしまい。

 

 

関連記事

www.coffeeojisan.com