サイトマップ

 

安いコーヒーメーカーなら象印の珈琲通「EC-TC40」がおすすめ

とにかく安くて美味しい珈琲が飲みたい、という方に人気なのが象印の珈琲通「EC-TC40」です。あまりの値段の安さとコスパの良さに驚く人が多いみたいです。

というわけで今回は象印の珈琲通「EC-TC40」に絞って情報をまとめてみたいと思います。

珈琲通とは?

珈琲通とは2014年に発売された象印の珈琲メーカーです。メーカー希望商売価格が6000円と最初から安く、今ではAmazonでも2000円弱で買える高コスパ抜群製品となっています。シンプルで普通の珈琲を淹れて飲むだけに特化した製品です。

 

 

特徴1 ドリッパーとサーバーの一体型

この珈琲メーカーはドリッパーとサーバーが一体型になっています。これが中々使いやすいと評判です。洗う時も一緒に持っていけるので手間が掛かりません。コンパクトながら1~4杯まで淹れることができるのも嬉しいポイントの一つ。

 

特徴2 浄水機能付き

必要最低限の機能しかついていませんが、大事な部分は押さえていますね。珈琲の味を美味しく保つために浄水機能が付いています。カルキ除去率は98%です。安心して美味しい珈琲を楽しめます。

 

特徴3 分かりやすいメモリ付き

水タンクにメモリが付いているのですがとても分かりやすいです。マグカップ用とコーヒカップ用の2種類のメモリがあります。しるしに沿って水を入れるだけで安定した味を楽しめるのは楽ですよ。

 

評判、評価、口コミ

珈琲通「EC-TC40」の評判を幾つかまとめてみたいと思います。大体予想が付くと思いますが、値段が安いので割り切って高い評価が目立ちました。

 

~高評価~

「シンプル、安い、コンパクト。これ以上求めるものはない。」

「良い意味で気取っていないコーヒーメーカー。素敵な商品に出会えました。壊れたらまた買います。」

~普通~

「保温性はヒーター式で普通です」

「シンプルでカルキ機能以外付けない、という選択に好感を持てます」

~低評価~

「ドリッパーとサーバーが少し取りずらいかな。」

「サーバーのガラスが薄いので割れそうです。」

~口コミ~ 

やはりシンプル、安い、コンパクト。この3つのバランスが絶妙だという意見が多数ありました。シンプルでも値段が高い珈琲メーカーは結構あります。他にもコンパクトなのに機能が色々あってゴチャゴチャという場合もあります。

その点「珈琲通」は安心して使うことができますよ。

 

珈琲通の詳細

f:id:zakkiblog:20170124140444j:plain

 

以下は珈琲通「EC-TC40」の詳細についてです。

 

・サイズ 20.5×15.5×23(幅×奥×高)

・重量 1.1㎏

・容量 540ml(1~4杯)

・ペーパードリップ方式

 

まとめ

安くて普通に珈琲を飲める評価の高いコーヒーメーカーを探しているならこれで決まりです。Amazonや価格.comで調べるとすぐに分かりますが間違いなくおすすめできる一台です。

安いのであまり気負わずに購入できるのもポイントです。悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

 

 

この記事でも象印「珈琲通」を紹介しています。 

厳選!おすすめのコーヒーメーカー5つ(2017春版)