サイトマップ

 

口コミ、評判は?象印「EC-NA40」珈琲通の特徴と価格

「EC-NA40」珈琲通は象印が販売する一押しの全自動コーヒーメーカーです。魔法瓶から炊飯ジャー、圧力鍋まで販売する象印。今やコーヒーメーカーにも進出しているんですね。今回の記事ではEC-NA40に関する特徴や口コミについてまとめてみます。

 

象印「EC-NA40」珈琲通とは

 

 

このコーヒーメーカーは2015年秋に発売されたモデル。豆を挽いて全て自動で抽出してくれるので忙しい人にピッタリですね。象印だからか全体的に保温能力にこだわったコーヒーメーカーという印象があります。では幾つか特徴を。

 

特徴1 95℃抽出

ダブルヒーターとマイコン余熱で冷めにくい構造になっているのが一番の特徴。他にもステンレス製のドリッパーを使用しているんです。ステンレスは熱を伝えやすく熱いままコーヒーを淹れれるメリットがあります。

 

特徴2 水洗い可能なミル

このコーヒーメーカーの上部はミルになっています。上から飲みたい分のコーヒー豆を入れます。抽出時間は4分ほど。全自動としては平均ぐらいの時間です。スイングバスケットの部分は全て取り外せるので洗うときも楽です。

 

特徴3 ステンレス魔法瓶サーバー

このサーバーは象印の得意分野、魔法瓶構造なので保温能力ばっちりです。この魔法瓶サーバーだけで保温できるので煮詰まることなく美味しいコーヒーが熱いまま楽しめるんです。6.5㎝の広口設計も嬉しいポイント。氷を入れればアイスコーヒーも簡単です。

 

その他の特徴

その他の特徴はこんな感じ。

 

・背面に水タンク、上から給水できます。取り外しもできます。

・カップ用受け皿は高さ調節ができます。入れたコーヒーがはねません。

・中細挽きと粗挽きの2種類を簡単スイッチで切り替えできます。

・2段階濃度調整。深い味を飲みたい時は「濃いボタン」で。

 

中細挽きと粗挽き、薄い味と濃い味。全部で4種類のパターンでコーヒーを抽出できます。操作自体はこれ以外ありません。難しい設定がないのは楽ですよ。

 

EC-NA40の口コミ、評判

評価はばらつきがあります。幾つかまとめるとこんな感じ。

 

~高評価~

「保温能力抜群です。」

「手軽に美味しいコーヒーが飲めます。」

「高さがあるので水筒に直接入れれます。」

 

~低評価~

「サーバー大きく傾けないとカップに注げない」

「挽いた後、ミルのところにコーヒーの粉が残ってしまう」

「ミルが詰まりやすい」

 

~口コミ~

美味しい味が簡単に作れる、という口コミが多いです。でもそれと同時にミル部分が弱いというレビューも多いですね。 故障までいかなくてもミルが詰まったりコーヒーのかすが残ってしまうことも。毎回しっかり手入れする必要がありそう。

 

スペック

では最後にスペックをまとめます。

 

サイズ:幅24×奥行25×高さ37.5㎝

本体重量:4.5㎏

材質:PP、PS、活性炭

電源:100V

消費電力:650W

保障期間:1年間

容量:0.54L

 

まとめ

 

 

このモデルの値段は20000円ほど。この値段で全自動コーヒーメーカーが買えるのは安いと思います。でもミル部分が少し低めの評価が多いのが気になります。個人的には今だったら「PanasonicのNC-A56」のほうが良いと思いますよ。評価も高いですし。

悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

 

こんな記事も書いています。

パナソニックNC-A56コーヒーメーカーは買い? - coffee ojisan