coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

6杯分抽出できるコーヒーメーカー(ドウシシャDCM-1603)

大容量抽出できるタイプで、真空サーバーに抽出したい。

そんな人にピッタリなのがドウシシャのコーヒーメーカー「DCM-1603」です。

「淹れたてのコーヒーの味をそのまま抽出できる」というのをコンセプトにしているそう。今回はこのコーヒーメーカーに絞って情報をまとめてみました。気になっている方はぜひ参考にしてみて下さい。

DCM-1603の情報・価格

このコーヒーメーカーは2016年の冬に発売されているので比較的まだ新しい機種と言えます。特徴はやっぱりこのシンプルさ。ボタンも一つしかなくスイッチを押せば勝手に抽出してくれます。

 

シャワードリップでまんべんなく抽出できるのもポイント。

使うのはペーパーフィルターです。

 

価格は4000円~7000円くらい。2016年発売のコーヒーメーカーで6杯分抽出できる、という点を考えると「まあまあ安いのかな」という気はしますね。個人的には4000円だったら買います。(笑)

 

特徴1 真空断熱構造のサーバー

サーバーは800mlいれられる大容量です。氷も入れやすい広口設計なのでアイスコーヒーも簡単に作れます。ただ大容量なので一人暮らしには向いていません。家族向けか毎日何杯も飲むためにいっぺんに抽出したい人向けですね。

 

特徴2 大容量なのにコンパクトサイズ

サイズですが高さ30×横27×奥17.5㎝です。中々のコンパクトサイズですよね。しかも四角いシンプルなデザインなので置き場所にも困りません。スイッチもサーバーも前面にあるのが嬉しいですよね。

カラーはホワイトとブラウン。僕だったらブラウンにします。なんか落ち着いた感じの色なので。(笑)ホワイトは長い目で見ると汚れが目立ちそうで心配。

 

評判・口コミ

このコーヒーメーカー中々評判は高評価です。というのもスタイリッシュなデザインと味が美味しいという意見が多かったですね。気になった口コミをまとめてみます。(Amazon レビューから引用)

 

変形、ポットむき出し一辺倒デザインではなく無駄出っ張りがないスタイリッシュなこの形は行き着いてるなと感じます。

 

外観拭き掃除が容易で真横に壁奥設置で場所取らず。裏面にも滑り止めゴム脚付き。重量あり安定感よし。

 

部品取り外し、清掃簡単、分解できない部分は拭くだけでいけるでしょう。注ぎふた一枚なので落ちることの煩わしさ無し。

 

ただひとつ、自動切りが付いてないのが悔やまれる。
電源切りだけは癖付けるしかないですね、これだけは必ず。

 

やっぱりデザイン性は抜群です。ただレビューにもあるようにオート電源オフ機能が付いていないのがちょっと残念。他のレビューもみましたが、掃除のしやすさも抜群にいいそうです。

確かにここまでシンプルなデザインなら手入れも楽そうですよね。

 

 

総評

普通に評価も高いので良いと思います。ただドウシシャというメーカーがあんまりコーヒーメーカーを出していないのが気になる点ではあります。もちろん心配する必要はないのですが、カリタやハリオ、メリタなどに比べると少し知名度は低いです。

 

そこが心配ならメリタのほうが間違いないです。Amazonでもベストセラー商品としての高評価を受けています。ちなみにこれ。価格も5000円位なので大差はありません。

 

もし悩んでいる方がいれば参考にしてみて下さい。それでは。

 

こんな記事も書いています。 

www.coffeeojisan.com