coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

台形・円錐型両方使えるイワキのコーヒードリッパーって?

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

イワキ(iwaki)のコーヒードリッパーってあんまり有名ではありません。

ドリッパーと聞くとやっぱり「ハリオの円錐型」「カリタの3つ穴」「メリタの1つ穴」の3強が強いですよね。特にハリオの円錐型は世界中で使われていて、とても人気です。

 

そんな中、イワキのコーヒードリッパーに台形型と円錐型の両方使えるドリッパーがあるって知ってましたか?

これ個人的にすごく気になったので今回紹介したいと思います。

 

 

イワキのコーヒードリッパーの特徴

この上の画像がまさにそれ。

よく見るとカリタ・メリタと同じような楕円形に見えます。

でもハリオの円錐型にも近い…。

 

そうなんです。このイワキのドリッパーは台形(楕円型)も円錐型も両方対応している珍しいモデルなんです。正直こういうモデルは初めて見ましたね。とても斬新で面白いと思います。

 

これ一台あればどんなペーパーでも対応できますからね。

ちなみにAmazonで確認するとドリッパーだけでは売っていないみたいです。買うならドリッパーとサーバーのセットで購入しないといけないのが、ちょっとネック。(笑)

ただサーバーもシンプルでお洒落なのでインテリアとしても映えますよ。

 

1 スタンダードタイプ

 

 

まず一つ目はスタンダードなモデル。容量は400ml淹れれます。一人用や二人用ですね。一番オーソドックスなモデルでシンプルかつ飽きの来ないデザインに仕上がっています。結構、サーバーが薄いので、丁寧に扱う必要があるかも。

 

2 600mlのスタンダードタイプ

 

 

1番目のスタンダードタイプの容量がアップしたバージョンです。容量は600ml。3人から4人用くらいでしょうか。みんなでガヤガヤ喋りながらコーヒーを淹れたい時に重宝しそうです。

よく見るとサーバーの底面の面積が小さくなっていて、コーヒーを冷めないように工夫がされていますね。さすがイワキ!

 

3 カラフェタイプ

 

 

そして3つ目がカラフェタイプと呼ばれるサーバーが大きいコーヒーセットです。容量は600ml淹れれます。ポイントはやはりこのカラフェ。この形状のメリットは「お洒落さが増す」ことです。

通常の見慣れたサーバー、ドリッパーとは一味違う形状をしているので見栄えが良くなるんですよね。ただ奥まで洗いづらいというデメリットもありますが。

 

4 ウッドフレームタイプ

 

 

最後の4番目はウッドフレームタイプです。容量は600ml。ドリッパーをウッドフレームにセットすることで簡単にコーヒーを淹れられる優れもの。ドリッパーとサーバーの間に隙間があるので、淹れるときにコーヒーの香りが広がりやすい特徴があります。

こういう形状のモデルは僕も使ったことがありますが、すごくおすすめです。部屋の中がコーヒーの香りでいっぱいになりますよ。

 

まとめ

 

 

イワキ(iwaki)のコーヒードリッパーはどれもウッドのさわやかな木を採用した明るい材質が多いな、と感じました。今回紹介した4つのコーヒー器具はどれも鮮やかな木の色でしたもんね。

こういう材質のコーヒー器具は淹れている時も元気が出てくるのですごく良いと思います。シンプルで尚且つ爽やかな設計のイワキ製コーヒードリッパー。台形と円錐型、両方使えることでこれから話題になりそうな気がします。

というわけでおしまい。

 

こんな記事も書いています。

iwakiの水出しコーヒー器具「ウォータードリップ」の特徴

iwakiのコーヒーポット「コーヒーハウス」K8685の評判や特徴

ハリオV60ドリッパーの特徴や口コミ、人気の理由とラインナップ