coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

ドリップ式の人気コーヒーメーカーおすすめベスト35 2017年版

今や300種類を軽く超えると言われるほど溢れかえっているコーヒーメーカー。

2017年も色々なコーヒーメーカーが登場していますよね。

というわけで今回は「ドリップ式のコーヒーメーカー人気ランキング35選」と題して今人気のコーヒーメーカーを順番にまとめてみたいと思います。

ちなみに今回のランキングはドリップ式なのでエスプレッソマシン、ネスカフェシリーズはランキングに入っていません。

それでは早速「ドリップ式の人気コーヒーメーカーおすすめベスト35」!

行きますよ~!

 

1 パナソニック NC-A56

 

 

Price ¥16800

全自動コーヒーメーカーと言えばこれ。堂々の第一位です。上から順にミル、ドリッパー、サーバーとなっているので、スタートボタン一つでコーヒー豆から抽出まで全てをこなしてくれる高機能な一台です。個人的にはこれは間違いないです。容量も5杯まで淹れれるので急なお客さんが来ても安心。

しかも実はこのモデル、2014年発売なんですよね。つまり3年前のモデルなのに、いまだにコーヒーメーカーの中で1番に選ばれているんです。その場の人気ではなく、口コミや評判が広がって1位まで上り詰めた機種なので、安心して購入できます。

 

 

さらに詳しい情報は…

パナソニックNC-A56コーヒーメーカーは買い?

 

2 メリタ オルフィ SKT52

 

 

Price ¥5500

必要最低限の機能を兼ね備えたシンプルなコーヒーメーカー。保温機能は付いていません。その代わり真空断熱ポットを採用しています。電気代の節約になりますね。このモデルの印象はほんとに「クセがないな」という感じがします。

コーヒーメーカーって大抵そのモデルごとに何かしらの特徴があるんです。今、色々な種類のコーヒーメーカーがあるので他とは違う特徴を押し出すのも分かります。でも購入する側が求めるのはただ一つ。「美味しいコーヒーを飲める」ことですよね。

このメリタのオルフィSKT52は無駄な機能を排除して美味しいコーヒーを簡単に飲めるように設計されています。そこが人気のポイントだと思いますね。

 

 

さらに詳しい情報は…

メリタの「オルフィSKT52」コーヒーメーカーの特徴や評判

 

3 アイリスオーヤマ IAC-A600

 

 

Price ¥8000

第3位は2017年のコーヒーメーカー業界に旋風を巻き起こしている新勢力。2017年3月発売のアイリスオーヤマが出したコーヒーメーカーです。このモデルの特徴は全自動コーヒーメーカーだという事。全自動の類では1位で紹介したパナソニックのNC-A56の次くらいに注目されているモデルだと思います。

僕も初めて見た時、とてもびっくりしました。アイリスオーヤマってコーヒーメーカーをそんなに販売していないんですよね。確か一種類か2種類くらいしかないはず。でもその分、このモデル、IAC-A600への力の入れようは半端ないです。

 

 

さらに詳しい情報は…

アイリスオーヤマ全自動コーヒーメーカーIAC-A600の口コミ

 

4 象印 珈琲通 EC-TC40

 

 

Price ¥1600

このモデルは本当におすすめです。何が良いってとにかく高評価なのに値段が安い。まさかの2000円以下で買えて評価4.5とかですからね。このモデルも2014年発売なので少し古い機種です。でも象印が新たに安いコーヒーメーカーを新発売しないのには理由がると思います。

それはこのモデルが売れ過ぎているから。家電量販店に行くと大抵このモデルは2000円前後で売っています。2~4杯のコーヒーを簡単に入れることができ保温プレートも付いている優れものです。

 

 

さらに詳しい情報は…

安いコーヒーメーカーなら象印の珈琲通「EC-TC40」がおすすめ

 

5 メリタ ノア SKT54

 

 

Price ¥4000

第二位のメリタのオルフィSKT52とよく似ているタイプ。違いは水タンク部分と浄水フィルターです。こっちのノア SKT54は給水タンクが取れません。そして浄水フィルターも付いていません。ただその分、値段は安く仕上がっています。

でも値段の差はそこまでありません。1000円~2000円位だと思います。それなら評価も高く売れているSKT52のほうが個人的にはおすすめですね。

 

 

さらに詳しい情報は…

メリタのコーヒーメーカーノアSKT54の口コミ、オルフィとの違いは?

 

6 siroca crossline SC-A111

 

 

Price ¥9000

シロカのコーヒーメーカーもアイリスオーヤマと同じくらい勢いのあるコーヒーメーカーになりましたね。2016年の9月に発売されたモデルなんですがコンパクトな全自動コーヒーメーカーという話題もあって、みるみるうちに大ヒット作になりました。

ちなみに一番人気はSC-A111という型番。ガラスサーバータイプで蒸らし機能がありミルも2段階あります。ミルの段階をセットしスタートを押すだけでコーヒーが出来上がるのでとても楽です。

 

 

さらに詳しい情報は…

シロカの全自動コーヒーメーカーの特徴やラインナップ、評判

 

7 象印 珈琲通 EC-CB40

 

 

Price ¥3800

象印の珈琲通シリーズのミル付きバージョンです。ミルのみを使う事もできるので便利なんですよね。ただ全自動ではありません。つまり砕いた豆をドリッパーに移す手間があるんですよね。

スペック的には第4位で紹介したEC-TC40のサイド部分にミルを合体させたようなイメージです。しかもミルが搭載されているのに値段が圧倒的に安いんですよね。この機能で4000円を切るのはかなり安いと思いますよ。

 

さらに詳しい情報は…

象印の珈琲通「EC-CB40」の価格やガラス容器と取説の情報

 

8 siroca crossline STC-401

 

 

Price ¥8000

6位でも紹介したシロカのコーヒーメーカーが第8位にもランクインです。2017年の急上昇コーヒーメーカーで比較すると、無印良品のコーヒーメーカーと同じくらいの勢いがあります。

STC-401のモデルは蒸らし機能が付いていません。その為、通常のシロカのモデルよりも安価です。発売日も2015年なので型落ちモデルになります。シロカの大ヒットの先駆けとなったコーヒーメーカーです。

さらに詳しい情報は…

シロカの全自動コーヒーメーカーの特徴やラインナップ、評判

 

9 無印良品 MJ-CM1

 

f:id:zakkiblog:20170629143908j:plain

 

Price ¥32000

この機種は本当はもっと上位のランキングでも良いかも。ものすごい売れ行きの無印良品の全自動コーヒーメーカー。ただ売れ過ぎて今購入することが困難になっているほど。せっかく買いたいのに、買えなかったら意味ないので今回は第9位にしました。

ただ「2017年人気だったコーヒーメーカーは?」と聞かれたら迷わずこの無印良品のMJ-CM1が第一位に輝くと思いますね。そのぐらい人気です。抽出温度から蒸らし機能、保温機能までが本格的で本当に無印良品?と疑いたくなるようなコーヒーメーカーです。

さらに詳しい情報は…

無印良品のコーヒーメーカーMJ-CM1の特徴

 

10 タイガー カフェバリエ ACT-B040-DV

 

 

Price ¥9000

タイガーのコーヒーメーカー「カフェバリエ バーミリオン」。レギュラードリップのほかにドリップポッド式、カフェポッド式の3種類の抽出方法がある珍しいコーヒーメーカーです。ここまで何でもできるコーヒー器具は中々ありません。

しかもコーヒーポットは真空ステンレスサーバーを採用。さすがは魔法瓶のタイガー。保温力はばっちりです。2015年の春に発売されているので徐々に人気が出てきた器具と言えます。

さらに詳しい情報は…

価格最安値は?カフェバリエ・バーミリオンACT-B040の口コミ

 

11 サーモス ECH-1000

 

 

Price ¥9800

容量8杯まで淹れられる保温力抜群のコーヒーメーカー。今まで紹介してきた中でも保温力に関しては評判が高いモデルです。タイガーとサーモスは保温に関しての評価が高いですね。よく言われますが保温プレートを使うとコーヒーが煮詰まり不味くなります。

ですがそのまま放置しておくとすぐに冷めてしまいますよね。なので保温に関して一番いいモデルは保温サーバータイプのコーヒーメーカーなんです。それこそがこのサーモスのECH-1000というわけ。コーヒーが煮詰まらず尚且つ冷めにくいです。

さらに詳しい情報は…

保温力最高!サーモスのコーヒーメーカーECH-1000-CS

 

12 タイガー ACE-S080

 

 

Price ¥8000

マイルド・ステンレス・アイスの3種類を淹れられるコーヒーメーカー。容量は8杯で11位のサーモスECH-1000とほぼ互角の戦い、同じようなスペックのコーヒーメーカーです。

蒸らし機能や真空ステンレスサーバーなど基本的なことを兼ね備えたコーヒーメーカー。ただサーモスのECH-1000のほうが評判が高いので悩ましい所。個人的にサーモスとタイガーのどっち?と言われたらやっぱり評判の高いサーモスのほうを選んでしまいますね…。

さらに詳しい情報は…

口コミや説明書は?タイガー「ACE-S080」コーヒーメーカー

 

13 パナソニック NC-R500

 

 

Price ¥15000

NC-R500はパナソニックが出しているミル付きコーヒーメーカーです。第一位で紹介したNC-A56とは違い全自動ではないのでミルだけで使用することも可能です。NC-R500とNC-R400があり、ペーパーフィルターかステンレスフィルターかの違いがあります。

どちらも人気が高いですが個人的にはペーパーフィルターのNC-R400モデルのほうが好きですね。ボタンが3つあり「マイルド・リッチ・アイス」とあります。それぞれの自分の好みに合わせて抽出方法を変えることができます。

さらに詳しい情報は…

NC-R400、NC-R500の特徴や評判(Panasonic)

 

14 ハリオ V60 珈琲王

 

 

Price ¥12000

ハリオの最大のヒットしたコーヒーメーカーかもしれません。V60珈琲王はハンドドリップのような味わいを楽しめるコーヒーメーカーとして登場し一時期急に注目されるようになりました。ですが今は最初の頃の勢いは衰えた感じがします。

もし気になっているなら買い時と言えます。最初は15000円ぐらいしてましたが、2017時点で12000円ほどで購入できます。だんだんと値下がりしていますね。ですが機能は一級品です。ハリオの有名な円錐型ドリッパーとサーバーをそのままコーヒーメーカ―にセットできるので、使い勝手も抜群です。

さらに詳しい情報は…

ハリオV60珈琲王の全てが分かる!口コミ、クエン酸洗浄の情報

 

15 タイガー ACC-A060

 

 

Price ¥3000

3000円で購入できる安さ・コスパ重視のコーヒーメーカー。タイガーのオーソドックスなモデルです。家電量販売店に結構売られていますよね。ただ中身はとても使いやすく評判も高いです。深リブのドリッパー、取り外しできる給水タンク、液漏れしないストッパーなど小さな気遣いが見られるコーヒーメーカーだなと感じました。

さらに詳しい情報は…

口コミと価格は?「タイガーACC-A060」コーヒーメーカー

 

16 タイガー ACC-S060

 

 

Price ¥3000円

タイガーACC-A060のサーバー部分がステンレスサーバーになったバージョンです。真空断熱ではありませんが、割れづらく頑丈なので使い勝手が良くなります。また専用カップトレイ付きでサーバーの代わりに直接コーヒーカップを置いて抽出することも可能です。サーバーからカップに注ぐ手間が省けます。

カラーバリエーションもホワイトとオレンジと鮮やかな色が特徴的ですね。

さらに詳しい情報は…

ACC-S060 タイガーのコーヒーメーカーの価格と特徴・評判は?

 

17 メリタ エズ SKG56

 

 

Price ¥3000円

簡単・シンプルをコンセプトに作られた2015年発売のモデル。「エズ」という言葉は簡単「Easy」とシンプル「Simple」の頭文字を取ってES(エズ)という意味だそうです。その名前の通り使い勝手がよく、今は3000円くらいで購入できる人気の高い製品です。

2~5杯抽出でき、メリタ独自の一つ穴を採用しています。

さらに詳しい情報は…

メリタのエズSKG56コーヒーメーカーの特徴、評判や口コミ

 

18 象印 珈琲通 EC-NA40

 

 

Price ¥19000

象印の珈琲通シリーズの全自動コーヒーメーカーです。コーヒー豆をセットしスイッチを押すだけでコーヒーが出来上がります。美味しいコーヒーが出来る最適な温度95℃で抽出する設計になっているので飲む時には丁度良い温度になるのが特徴です。

ただ一つ。ミルに関しての低評価が多い機種でもあります。どうやらミルが詰まりやすいらしく口コミの中には、「ミルが詰まって豆が均一に挽けない」というレビューもありました。もし購入するなら、そこをチェックしてからのほうが良いかも。

さらに詳しい情報は…

口コミ、評判は?象印「EC-NA40」珈琲通の特徴と価格

 

19 デロンギ ICM14011J

 

 

Price ¥4300

デロンギのリーズナブルなコーヒーメーカーです。デロンギと聞くとエスプレッソマシンを想像する人が多いようですが、実はコーヒーメーカーも幾つか販売しています。その中の定番モデルがこのICM14011Jです。

保温プレートやオートオフ機能など基本的な機能を装備していて余計な機能はほとんどついていません。評価も高いのでシンプルで使いやすいと思います。

さらに詳しい情報は…

デロンギICM14011Jコーヒーメーカーの価格や説明書・口コミ

 

20 象印 珈琲通 EC-AS60

 

 

Price ¥4300

810ml容量タンクの大容量タイプのコーヒーメーカーです。浄水機能や水タンクの取り外し、ダブル加熱95℃抽出などの機能が付いています。コードホルダーも付いているので片付ける時に役立ちます。

大容量タイプの中では評判が高いモデルです。ただ一人でコーヒーを飲んだりする人には大きすぎますね。

さらに詳しい情報は…

象印のガラスサーバー製のEC-AS60コーヒーメーカーの特徴と評判

 

21 象印 珈琲通 EC-VL60

 

 

Price ¥5000

先程のEC-AS60の大容量コーヒーメーカーにミルが合体したモデルです。ただ全自動ではないのでコーヒー豆を砕いたら、それをドリッパーにセットする作業が生じます。これが面倒な人は全自動コーヒーメーカーを買った方が良いかも。

でもこのモデル(ミル付きコーヒーメーカーと呼ばれている)は、豆を砕くだけでも使えるので便利なんです。全自動だと砕いた豆全てが抽出されてしまいますが、こうしたミルと抽出が別になっているモデルはミル単体でも使用できるので、意外と人気なんですよね。

さらに詳しい情報は…

価格や説明書・使い方は?象印EC-VL60ミル付コーヒーメーカー

 

22 象印 珈琲通 EC-KT50

 

 

Price ¥7500

2014年に発売されたモデルでステンレス魔法瓶ポットのサーバーが特徴的なコーヒーメーカーです。レッドとブラックの2種類があり、特にレッドのほうが人気みたい。特徴は保温性に優れたサーバーのポット。持ちやすいハンドルでしっかりとコーヒーを注げます。

さらに詳しい情報は…

象印コーヒーメーカーEC-KT50の口コミ、EC-KS50の違いは?

 

23 アピックス Drip Meister ADM-200

 

 

Price ¥4500

今回の記事はドリップ式のコーヒーメーカーという事でこのモデルをランキングに入れるかは迷いましたが、一応ランクインしておきます。というのも、このAPIXのドリップマイスターは通常のコーヒーメーカーよりもハンドドリップ感が強い機種になっています。

使い方は上の容器に水を注ぎスイッチを入れるだけです。容器が回転しコーヒーを抽出してくれます。自分で淹れているわけではないので、ハンドドリップではありません。2017年5月に発売されて今、注目の一台です。

さらに詳しい情報は…

評判は?APIXのコーヒーメーカードリップマイスターADM-200

 

24 イージートップサーモ LKT-1001

 

 

Price ¥10000

2017年の3月にデビューした新しいモデルです。大容量タイプのコーヒーメーカーとしてこれから人気になっていくと思われます。注目ポイントは大容量なのにコンパクトな設計であること。サイズは180 × 235 × 345ととてもシンプルな設計になっています。

さらに詳しい情報は…

評判や口コミは?メリタのコーヒーメーカー「イージートップサーモ」

 

25 デロンギ ディスティンタコレクション

 

 

Price ¥18000

デロンギの中の機能美とエレガントさを追求したモデルがディスティンタコレクションシリーズです。このコーヒーメーカーはとにかくデザインに拘っています。カラーバリエーションも4色とも落ち着いた色が多く、どんな部屋にも合うイメージです。高級なコーヒーメーカーが欲しいという人にピッタリです。

さらに詳しい情報は…

デロンギのディスティンタコレクション・コーヒーメーカーの口コミ

 

26 デロンギ ケーミックス CMB5T

 

 

Price ¥17000

デロンギのおしゃれさを追求したコーヒーメーカー。デロンギと言えばこれ!というイメージを持っている方も多いと思います。評価がとても高くシンプルながら本格的なコーヒーを淹れられることで人気です。

ただ値段が高いのがネック。高級路線のデロンギならではの価格ですが、容量5杯でステンレスポットが付いているモデルは他のメーカーだと5000円ぐらいで買えますよね。値段を取るか高級さを取るかで変わってきそうです。

さらに詳しい情報は…

お洒落なコーヒーメーカー~デロンギ「CMB5T-RD」の情報~

 

27 Quattro Choice QCR-85A

 

 

Price ¥19000

このモデルはクアトロチョイスが2016年秋に発売した機種でコーヒーメーカー以外にも様々な用途で使えると話題になった機種です。例えば、フラッペやスムージーを作ることができます。端的に言うとコーヒーメーカーとミキサーが合体したような一台です。

ボタン一つでコーヒーを抽出でき、真空ステンレスサーバーが付属しているので保温保冷もばっちりです。コーヒーメーカー以外の機能が欲しい方は、試してみる価値ありの一台になっています。

さらに詳しい情報は…

コーヒーメーカー「クワトロチョイス」の口コミ(QCR-85A)

 

28 T-fal スビト CM1538JP

 

 

Price ¥2500

T-falのスビトというシリーズのコーヒーメーカー。見ての通り、何の変哲もないシンプルなコーヒーメーカーです。しかも値段が2500円と格安の機種なんですよね。値段の価格設定はさすがT-falといったところでしょうか?

ただ評判は意外にも高くコストパフォーマンスに優れているところがポイントのようです。

さらに詳しい情報は…

T-falのコーヒーメーカーの評価や使い方は?スビトって?

 

29 デバイスタイル PCA-10X

 

 

Price ¥19000

デバイスタイルが2017年の5月に販売を開始した、斬新なデザインが特徴的な大容量タイプのコーヒーメーカーです。容量は10杯分淹れることができます。保温プレートやオートオフ機能など基本的な装備はそのままに、デバイスタイルらしい奇抜なデザインで挑んだ2017年機種、という感じがします。

さらに詳しい情報は…

デバイスタイルPCA-10Xコーヒーメーカーのデザインが薄過ぎ!

 

30 ハリオ V60 オートプアオーバーsmart7

 

 

Price ¥42000

2016年にハリオが出したV60珈琲王の進化形コーヒーメーカーです。個人的には今頃トップ10入りするかと思っていたのですが、予想以上に伸び悩んでいますよね。というのも今までにないタッチパネル式モデルとして発売されたは良いものの、コーヒーメーカーに40000円は高いというネックがイマイチ売れていない理由かも。

評判は高いのですが、コーヒーメーカーに40000円は少し高過ぎる気がします。お金に余裕のある人は購入できますが、正直そこまでしてタッチパネル式が欲しいかと言われると首を傾げてしまいます。いまだに旧V60珈琲王のほうが売れています。

 

31 ドウシシャ DCM-1603

 

 

Price ¥3500

6杯分抽出できて値段も安いドウシシャのコーヒーメーカー。2016年冬に発売されたモデルで四角い形状が特徴的なコーヒーメーカーです。サーバーは真空ステンレスを使用しているので保温保冷に優れています。ただオートオフ機能は付いていません。

さらに詳しい情報は…

6杯分抽出できるコーヒーメーカー(ドウシシャDCM-1603)

 

32 サーモス アイスコーヒーメーカー ECI-660

 

 

Price ¥7000

サーモスが販売するアイスコーヒーに特化したコーヒーメーカーです。もちろん通常のホットコーヒーも淹れることができます。ただデザインを見ると分かる通り「THEアイスコーヒー」という雰囲気を感じますよね。

最大5杯抽出でき、サーバーも氷が入れやすいように広口設計になっているのが特徴です。「アイスコーヒー好きにはたまらない一台」という口コミもあるほどコアなファンが多い機種と言えそう。

さらに詳しい情報は…

夏にピッタリのアイスコーヒー専用!?サーモスのコーヒーメーカー

 

33 メリタ ルックデラックスⅡ

 

 

Price ¥6000

10杯分の大容量タイプのコーヒーメーカーでメリタが2010年に発売したモデルです。古い感じはするのですが、今もランキングに入るくらい根強い人気があります。ペーパー部分がワンタッチ式になっているのが特徴です。中々こういうタイプは珍しいです。

さらに詳しい情報は…

メリタルックデラックスⅡの特徴、評判や口コミ、価格は?

 

34 ラッセルホブス DESIRE 7640JP

 

 

Price ¥8000

ラッセルホブスが2015年に発売したモデルでアイスコーヒーを作るのにも適した広口設計のサーバーがポイントです。また今のコーヒーメーカー業界ではまだあまり導入されていない目覚まし機能も付いています。

最近のコーヒーメーカーで朝タイマーをセットすると勝手に抽出してくれるのは無印良品のコーヒーメーカーくらいだと思います。目覚まし機能付きを探しているなら、このモデルも良いかも。

さらに詳しい情報は…

デザイアコーヒーメーカー7640JPの情報(ラッセルホブス)

 

35 カリタ ET-102

 

 

Price ¥3500

今となっては珍しいカリタのサーバーとドリッパーを外せる機種です。2006年発売ながら評判は全く落ちません。隠れた名機という感じがしますね。このデザインだとハリオのV60珈琲王が有名になり過ぎたので、どうしても陰に隠れてしまうのが残念な一台です。もちろん中身は優秀で美味しいコーヒーが飲めますよ。

さらに詳しい情報は…

カリタのコーヒーメーカーET-102の評判、V60珈琲王との違い

 

まとめ

 

f:id:zakkiblog:20170703204039j:plain

 

いかがだったでしょうか?

ざっとまとめてみましたが、基本的に人気のコーヒーメーカーはいつまで経っても順位に変動はありません。評判の高い人気の機種はいつまでも評判が高く、低評価が多いコーヒーメーカーはずっと低い順位のままです。

なので今回は2017年度版(取り分け上半期)としてまとめましたが、基本的には半年、一年経ってもそこまで順位は変わらないと思います。特に上位のコーヒーメーカーはどれも評判が高く今から、不人気になる要素もないので、いつ購入しても満足できると思います。

 

個人的にはやっぱり1位のPanasonic「NC-A56」がおすすめですね。全自動でコーヒーを抽出でき評判も高く、使いやすい。クセがないのは良いと思いました。

ただ人によって好みのデザインや水タンクの容量も違うので、自分に合ったコーヒーメーカーを探してみて下さい。それでは。

 

注意点

この記事内の値段は2017年7月現在です。価格は多少前後することがあります。

 

他の記事