coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

コーヒーライフが変わる!ハリオのボナ・琺瑯ドリップケトルの特徴

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

ボナ・琺瑯ドリップケトルは2017年に発売されたハリオ一押しのコーヒーポットです。琺瑯製ってレトロ感やアンティークなイメージがあるんですが、このモデルはどこかおしゃれで、新しさを感じるのが不思議ですよね。

というわけで早速今回の記事ではハリオのボナ・琺瑯ドリップケトルの特徴をまとめていきたいと思います。

 

ボナ・琺瑯ドリップケトルとは

このモデルは2017年に発売されたコーヒーケトルでコーヒーポットとしてはハリオ製唯一の琺瑯製です。取っ手とつまみが天然木で出来ているので熱々のお湯を入れても簡単に持てます。しかも蓋のつまみは逆さまにしてもクルクル回らない設計なので安定して置くことができるんです。これ、小さな気遣いを感じるハリオ製ならではの特徴なんですよね。(カリタにはありません)

 

容量は800ml。サイズは幅28㎝×奥行13.6㎝×高さ17cmです。値段は5000円で購入できます。ハリオが今、最も力を入れて推している一台と言えるかも。

 

 

でもやっぱりカリタ製が強いので中々勝てていない状況ですよね。ちなみにメリタはコーヒーポット自体販売していません。詳しいホーロー製の記事は でも取り上げていますのでぜひ見てみて下さい。

 

ハリオ ボナ・琺瑯ドリップケトルの評判

 

 

実はこのモデル、まだあんまり評判が多くないです。発売されてから日が浅いのでこれからですね。ただ個人的には高評価が付くんじゃないかな、と感じています。その理由は、優れたデザイン性と使い勝手のよさですね。

 

熱くならないようなつまみとハンドル。琺瑯製なのにどこか新しい雰囲気を感じるおしゃれなデザインは、間違いなく人気になると思います。

 

まとめ

 

 

少し直接的な書き方になりますけど、はっきり言ってコーヒーポットって使い勝手やデザインが違うだけで根本的な中身は一緒です。ただお湯を入れて注ぐだけの器具ですから。なので値段の違いこそありますが、どのメーカーも基本的な構造は同じなんですよね。

だからこそ使いやすさとデザインが自分にぴったり合うコーヒーケトルを探すのが、上手な買い方。いくら人気があっても自分の好みじゃないなら、買っても愛着は沸きません。せっかく美味しいコーヒーを淹れるためのケトルなんですから自分が満足できる一台を探すのは大切だと感じます。

もし琺瑯製のコーヒーポットを探しているなら、今回紹介したハリオのボナ・琺瑯ドリップケトルもチェックしてみて下さい。それでは。

 

 

こんな記事も書いています。