coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

バリスタ50はネスカフェの他機種とどう違う?価格は?

どうも。「ざっきぶろぐ」です。

 

ネスカフェが2017年9月1日に新しい機種を発表しましたね。

その名もネスカフェ ゴールドブレンドバリスタ 50。

型番はSPM9634とHPM9634という機種です。

 

ただ気になるのは前のゴールドブレンドのコーヒーメーカーとどこが違うのか?ですよね。というわけで早速調べてみました。

 

 

 

バリスタ50の特徴は「バリスタI」の進化形

バリスタ50を簡単に言うと「バリスタI」の進化形です。

どう進化したのか?

 

主な違いは横幅がコンパクトになったこと。

「バリスタI」は横幅が約18㎝でしたがバリスタ50は横幅が15.5㎝まで小さくなっています。約15㎝の横幅のコーヒーメーカーって結構細いと思いますね。

 

他にも違いがあります。

主な違いは容量ですね。

「バリスタI」の水タンク容量は1000ml、今回のバリスタ50は800mlです。

少し減りました。

 

あとは細かな違いです。

たとえばメニューボタンがより分かりやすく大きくなっています。

押し間違いもないので安心ってわけ。

 

また「バリスタI」の特徴でもあったアプリとの連携でコーヒーが抽出できる機能ももちろん付いています。

 

価格は8000円前後

 

値段ですが大体8000円位です。

Amazonは7800円ですね。

ただまだ発売されたばかりですし、これから多少の変動はあると思います。

 

人気だとその分、需要が高まるので値段も上がるかも。

10000円を超えると若干高い気がしますね。

もし悩んでいるなら、今のうちに買うのが手かもしれません。

 

バリスタ50を買ったレビュー、評判は?

調べてみると、結構レビューが多いです。

コーヒーメーカーの中には人気が無くてレビューが少ないモデルもあるのですが、さすがネスカフェ。かなり人気は高いみたい。

いくつか参考になったレビューがあったのでまとめてみます。

 

アプリとの連携に関してのレビュー(Amazon)

この商品は、「バリスタアイ」と同じく、スマートフォンのアプリで好みの湯量に調整できるという点が特徴です。

 

Bluetooth を利用してスマートフォンと接続するのですが、本機の Bluetooth 機能を使うには、かなりトリッキーな操作が必要です。
デフォルトでは ON になっておらず、ON にするためにはスイッチボタンを3か所同時押ししないとダメ。

 

これがちょっと難しく、また ON になっている状態を確認するインジケーターもないのはちょっと不親切かと( ON になったことは分かります)。
さらに、アプリストアにもレビューがあるように、繋がりにくいこともあり初心者にはハードルが高いと思えました。

 

アプリを使ってできることは、好みの濃さ=湯量の調整なのですが、これは本機のボタン操作でもできることを可視化したものになります。
平たく言うと、単なるリモコンという感じです。
ユーザー登録することで、ポイントを貯めることもできますが、やはりこのリモコン機能がメイン。

 

先の接続方法などを考えても、単なるリモコンを添付した方が使いやすさが向上するのでは?と思えるような内容のアプリに感じられました。アプリにもうひと工夫あると、積極的に使いたい機能なのですが、今のところはただ面倒なだけに思えます。

 

たとえば、ネスレ社のコーヒー専門家がお勧めする濃さを試せるとか、このケーキにはこのくらいがお勧めです、というような、コーヒー企業ならではのキュレーション的なものが嬉しいです。

 

最初に書いたように、「インスタントコーヒーメーカー」というハードウェア的には素晴らしく、ほかに例のない製品なのですが、ソフトウェア的には取ってつけた感の強いものになってしまっているのが残念です。

 

かなり詳しく書いていますが、まとめるとアプリの接続が難しい、という感じでしょうか?ただ、ここまで詳しくレビューしたくなるほど、最新のガジェット感が強いモデルである、という事ですね。

 

間違いなく2018年話題になるコーヒーメーカーだと思いますよ。

せっかくなのでもう一つレビューを紹介します。

 

操作性に関してのレビュー(Amazon)

自宅のキッチンにネスプレッソを設置しているのですがカフェスペースにこちらのマシンを設置したところ、家族からの反応はズバリ本体のボタンがわかりやすい! と評判でした。

 

朝の利用率が高い為、寝起きベッドスペースにスマートフォンを置き去りにしてとりあえずカフェスペースでニュースを見るときにどうしても本体を操作することが多く、ボタン操作のわかりやすさはとてもウケが良かったです。

 

過去のモデルと比較して一番嬉しかった点ですが『すすぎボタン』追加。
これにつきます。洗浄は毎日やったほうが清潔且つ美味しくコーヒーが飲める為、ボタン化されたことでちゃんと毎日やる習慣ができました。ありがたいです。

 

ただ若干気になったのがエスレプッソボタンがないことですね。(ボタン操作次第でいける?)牛乳にエスプレッソ抽出してカフェラテを作りたいときに戸惑いそうなので近くに共有のタブレットを設置して、アプリで操作しようかなぁと思っています。

 

この方もかなり詳しくまとめて下さっています。

本体のメニューボタンが以前よりも分かりやすく、使いやすくなったということですね。かなりメニューボタンに関しては評判が高い気がしました。

 

まとめ 買ってみる価値がある

 

今回発表されたネスカフェのゴールドブレンド「バリスタ50」は買いです。

個人的に感じるのは「バリスタI」で感じた不満を考慮して、上手くリニューアルさせた最新機種という感じがします。

 

前の機能を備えながらも新しいデザインで攻めたフォルムがそれを物語っています。

数万円もしないので買ってみる価値はあると思いますよ。

もし悩んでいる方がいましたら、この記事を読んで参考にして下さると嬉しいです。

それでは。