coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

口コミや説明書は?タイガー「ACE-S080」コーヒーメーカー

タイガーのコーヒーメーカーは比較的評価が高いことで有名です。僕も色々調べていますがタイガーの評判は高いですね。その中でも安定して美味しいコーヒーが飲めると評判なのが「ACE-S080」モデル。

今タイガーの看板ともいえるこのコーヒーメーカーの特徴や口コミについてまとめてみます。取り扱い説明書についても書いてます。

 

タイガー「ACE-S080」とは

このモデルは2016年春に発売されたコーヒーメーカーです。価格は8000~10000円弱で買える値段に落ち着いています。使い勝手が良いのですが、細かな機能も充実していてそのスペックのバランスが評価が高い理由だと思います。

 

特徴1 蒸らし機能

お湯の量と抽出時間をマイコンで自動制御される機能。シャワードリップ方式を使っているのでコーヒー粉にまんべんなくお湯を浸透させることができます。

 

特徴2 3つの抽出法

f:id:zakkiblog:20170315044347j:plain

3つの抽出ボタンがあります。上から順番に「マイルド・ストロング・アイス」です。優しい味が飲みたいときはマイルド、刺激が欲しい時はストロング。アイスはサーバーに氷を入れて抽出します。

 

特徴3 真空ステンレスサーバー

タイガーならではのサーバーですよね。真空ステンレスポットを採用しています。ヒーターではなくポット自体でコーヒーを保温するので煮詰まりを防げるんですね。蓋も取り外し可能で簡単に洗えます。

 

その他の機能

・深リブフィルター(ドリッパー部分の内側の溝が深いので、より深い味を抽出できる)

・オートオフ機能

・着脱式水タンクで洗いやすい

 

こう見るとかなり色々な機能が付いているんですね。 

 

「ACE-S080」に口コミ、評判

一つ一つの機能がしっかりしています。その証拠が口コミやレビュー。気になった口コミがこちら。*1

 

マイコン式で3種類の淹れ方を自動調整してくれる、蒸らし機能がある、真空ポットで煮詰まらない、分解清掃できる、水・豆が入れやすくて蓋もしやすい、間違えてボタンをおした時でも安心のOFFボタン付き、メリタ製品などにありがちなポットからの汁の垂れが無い、大人数分いっぺんに淹れられる……と、まぁいい所をあげたらキリのない製品ですよ、うん。

 

どの機能もレベルが高くしっかりしているので安定したコーヒーを抽出できるんですね。

 

マイコン付きで2種類の抽出方法があって違いもあり良いです。しかし抽出後に豆を取り出すため上部を開けると水が垂れます、時間が経ってからあけたとしても同様です。そこが残念。

 

蓋を開ける時に滴がポタポタ落ちるのはしょうがない部分だとは思います。ただ欠陥ではないですし構造上、仕方ない部分ではありますよね。

 

取扱説明書

タイガーのコーヒーメーカーは説明書が付いていないモデルが多いようです。他のメーカーも最近はネットで取説をダウンロードするパターンが多いですね。タイガーのホームページから閲覧できます。

 

タイガー コーヒーメーカー ACE-S080 取扱説明書 | お客様サポート | TIGER

 

スペック

本体サイズ:幅28.0×奥行17.4×高さ34.5cm

ペーパーフィルター2枚、計量スプーン

コードの長さ:1.25m

満水容量:1.08リットル

本体重量(kg):2.8

 

バランスのとれたモデルです。シンプル過ぎず機能も充実しています。でも難しくない。ボタン操作も分かりやすく手入れも簡単。10000円前後で評判の高いコーヒーメーカーを探しているなら、このモデルはおすすめですよ。Amazonのレビューで確認すると詳しく情報を知れます。

 

 

タイガーの安価モデルのコーヒーメーカーの記事も書いています。

口コミと価格は?「タイガーACC-A060」コーヒーメーカー - coffee ojisan

*1:引用元 Amazon レビュー