coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

ACC-S060 タイガーのコーヒーメーカーの価格と特徴・評判は?

タイガーのコーヒーメーカーはサーモスと並んで保温性が高いことで知られています。電気ケトルも作っているので、やはり保温保冷に関しては評判は高いです。その中でもリーズナブルな価格で美味しいコーヒーが飲めると評判なのがタイガー「ACC-S060」です。今回の記事ではこのコーヒーメーカーの価格や評判、特徴についてまとめていきます。

ACC-S060の価格

このモデルの価格は3000円が最安値です。2014年の夏に発売されてからだんだんと値下がりを続けています。最初は4500円~5000円だったのを考えると、かなり値落ちした感はありますね。この値段でこの機能は安いと思いますよ。次は機能について。

 

特徴・機能

このコーヒーメーカーのコンセプトは「マグカップに直接ドリップができるコーヒーメーカー」。しかもそれでいながら保温ステンレスサーバーを備え付けるあたりが流石タイガー。

専用カップトレイが付いているので、それをコーヒーの抽出口に置きます。その上にマグカップを置いてスイッチをスタートさせれば、マグカップに直接コーヒーが抽出されるというわけ。サーバーの保温ポットを洗う手間も省けるので楽です。

 

他の特徴としてはハンドドリップのようなシャワードリップ抽出法、ステンレスサーバーで割れない・壊れない、深リブフィルター、給水タンクが取り外せる、などがあります。イメージ的には通常のTHEコーヒーメーカーという感じがします。高性能なコーヒーメーカーに付いているタイマー機能やオートオフ機能はありません。シンプルで使いやすいと思います。

 

口コミ、評判は?

気になる口コミがこちら。

ガラスじゃないので、安心です。
でも、すこし保温が強すぎますね~。
ステンレスだからかどうかコーヒーがサーバーの中で、軽く沸いています。
香りを大事に思うならクレーム来そうですね。
私は、目覚まし用コーヒーなので、気にしませんが。

 

こんなレビュー初めてみました。(笑)

さすがタイガー。保温ステンレスサーバーの威力は恐ろしいです。

もう一つ、気になったのがこちら。

 

Amazonのレビューを何度も読んで、欠点?らしき注意点があることも承知の上購入しました。オレンジがとっても明るくてマックスの6杯作っても10分足らずでできあがり。

問題の?フィルターセット部分ですがメーカーの取説通りまずフィルターをセット!それからサーバー。その順番を守っているので今のところ何の不具合もありません。

ただ、ペーパーフィルターは少し折り目の幅を厚く折ってます。

 

フィルター部の上蓋が取り外しできないのでそこについた蒸気の水滴や跳ねたコーヒーカスの掃除がしにくいかな?とは思いますが毎回ティッシュ1枚でさっと拭き取ってしまえば問題ないレベルだと思います。

 

どうやらAmazonレビューでは、フィルター部分に多少の欠点(改良点)が見られるようです。ただそれ以上に高評価のレビューのほうが圧倒的に多いので欠陥品も、もしかしたらあるのかもしれませんね。

 

 

もし実際にAmazonレビューを見て心配になった方がいたら、無理せず違うコーヒーメーカーを買ったほうが無難かも。6杯用で同じタイガーのコーヒーメーカーだったら、「タイガーACC-A060」コーヒーメーカー も安くて良いですよね。

 

ACC-S060のスペック

最後にこのコーヒーメーカーのスペックをまとめます。

 

本体サイズ 幅13.8×奥27.3×高27.9cm

本体重量 1.6Kg

素材・材質

本体・計量スプーン:PP、カップトレイ:PF、水タンク:AS、サーバー:ステンレス

電源 AC100V

消費電力 550W

保証期間 1年

ペーパーフィルター(2枚)、計量スプーン/カップトレイ

 

安いコーヒーメーカーで保温重視のコーヒーメーカーをお探しなら、ぜひ参考にしてみて下さい。ちなみにカラーバリエーションはオレンジとホワイトがあります。それでは。

 

ホワイト ACC-S060

 

 

オレンジ ACC-S060

 

 

こんな記事も書いています。

www.coffeeojisan.com