coffee ojisan

知って得するコーヒー情報サイト

サイトマップ

 

価格や口コミは?ラッセルホブスの7610JPコーヒーメーカー

イギリスの有名メーカー、ラッセルホブスはコーヒーメーカーなどの調理家電でも有名です。中でも5杯分抽出できてコンパクトな「7610JP」は日本で有名なモデルですよね。

今回はそんなラッセルホブスの7610JPのコーヒーメーカーの価格や口コミ・説明書等々をまとめてみました。

 

ラッセルホブス7610JPとは

まずはこのモデルの情報について。2010年に発売されたコーヒーメーカーでタイマー機能付き、オートオフ機能付き、5杯分の抽出ができることで有名です。

外国製を心配する人もいるみたいですが、今のコーヒーメーカーはそこまで心配する必要もありません。この機種も不良品は少なく評判も高いです。

価格は6000円前後ですね。普通のコーヒーメーカーと比べると若干だけ高いような気もしますがどうなんでしょう。簡単に特徴をまとめてみます。

 

特徴1 経済的なフィルター

何度も使えるフィルター(パーマネントフィルター)を採用しています。ペーパーフィルターは捨てるのが面倒、という方にはお勧めです。ただ個人的にはペーパーフィルターが好きなので、ちょっとここは悩みどころです。(笑)

サイズもコンパクトに収まっています。サイズはW17.0×D21.0×H26.5cmで重量1.2㎏。延長コード1m。5杯分抽出できることを考えるとかなりコンパクトサイズです。

 

特徴2 オートオフ、タイマー機能

意外と便利なのがこれ。自動で電源が切れるオートオフ機能、コーヒーの抽出時間の予約ができるタイマー機能搭載です。しかもデジタル式。忙しい朝に予約機能を使って美味しいコーヒーを飲めそうですね。

 

特徴3 ガラスカラフェ

口コミでも多いのがこのガラスカラフェ。割れやすく繊細なんですがカップ数も計れて便利なサーバーなんです。ちなみに普通に使っている分には割れません。ガラス製なので多少気を使う必要はありますが、そこまで心配する必要はないかも。単体でも販売されています。

 

7610JPの口コミ

幾つか気になった口コミが「Amazon レビュー」に載せられていたのでまとめてみます。個人的には味に関してと使い勝手が気になりますね。

 

味のレビュー

コンパクトが第一条件として探していました。そこは良いのですが、何と言っても味があまり良くないのが残念です。

美味しい豆を買っても、味が変わってしまうのがとても残念。もちろん人それぞれ感じ方は違いますが。

タイマー機能も付いていますが、保温温度が高すぎて味が変わるため
私にとっては必要ない機能でした・・・。

 

うーん。中々厳しい意見です。しかもこれと似たような意見が数件みられました。全体的な評価はまあまあ高いだけに残念ですね。ただかなり古いモデルですし、値段も6000円前後なので考え方によっては値下げを待って購入するのも一つの手かも。

 

個人的には7610JP以外にも良いコーヒーメーカーはいっぱいあると思います。ただタイマー機能が付いているモデルはあんまりないんですよね。どうしてもタイマー機能が欲しいなら、1000円か2000円高くなりますが新しいラッセルホブスのコーヒーメーカーがいいかも。ちなみにこれ。

 

 

価格は7000円ちょっとしますがタイマー機能を搭載しています。

ぜひ悩んでいる方は参考にしてみて下さい。